授業科目
Course Title

基礎化学実験
Basic Chemistry Experiments

担当者
Instructor

教授   川本 達也
前 金3-金4-金5
後 金3-金4-金5
教授   辻 勇人
前 金3-金4-金5
後 金3-金4-金5
教授   西本 右子
前 金3-金4-金5
後 金3-金4-金5
助教   力石 紀子
前 金3-金4-金5
後 金3-金4-金5
助教   渡邉 信子
前 金3-金4-金5
後 金3-金4-金5
助教   山西 克典
前 金3-金4-金5
後 金3-金4-金5

単位
Credit

3

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

 受講生が、
1.化学の法則や理論の基礎になるデータがどのような実験で得られるかを体験すること
2.実験を行う際の正しい心構えや態度を体得し、将来自ら研究実験を行う際の基礎をつくること
3.基本的な化学実験の手法・実験操作を習得することを目標とする。
理学部のカリキュラム・ポリシーに従い、化学科の実験系科目についても最も基礎から応用までカリキュラムが編成されており、本科目はその中で、基礎化学演習Ⅰ,Ⅱを学んだ上で、さらに化学の基礎となる手法や知識の習得を目指すものである。

授業内容
Course Content

基礎的な化学実験を行い、実験の背景にある化学理論、具体的な実験の手法、どのように結果を整理するか、論理的な考察について学修する。

授業計画
Course Planning

実験は以下の各項目について実施する。受講者は適切に班分けされ、各班ごとに決められたスケジュールで実験に当たる。したがって、必ずしも以下の順番で実験を行なうわけではない。各班の実験スケジュールは第1回の授業の際に、シラバスの確認を行った上で、通知する。
必ずテキストを予習してから実験を行う。実験を行った後は、実験結果を整理して、テキストに従ってレポートを作成する。レポートに対するコメントを参照し、より良いレポートが書けるようにする。予習・復習は毎回3時間程度の自己学習を前提としているが、実験によってはそれ以上の時間がかかるので充分時間をとって授業に臨むこと。

1~2 実験を始めるに当たって
 基本技術、器具の取り扱い
 データベースの利用
3.基礎テーマA.定性分析(前半)
4.基礎テーマA.定性分析(後半)
5.基礎テーマB.重量分析(前半)
6.基礎テーマB.重量分析(後半)
7.基礎テーマC.キレート滴定
8.基礎テーマD.酸化還元滴定
9.応用テーマE.有機化合物の分離と精製
10.応用テーマF.クロマトグラフィー(ガス、薄層クロマトグラフィー)
11.応用テーマG.アセトアニリドの合成
12.応用テーマH.無機化合物の合成と分析
13.応用テーマI.吸着量の測定(活性炭による吸着)
14.応用テーマJ.分子量の決定(モルの概念と気体の状態方程式)

授業運営
Course Management

2人あるいは3人1組で実験を行う。実験は危険が伴うため、あらかじめテキストを予習していない場合は実験を行なわせないことがある。毎回必ずレポート提出しなければならない(締切:翌水曜日13:30 厳守)。別途配布する実施予定に従って実験を行なう。白衣、安全めがねを毎回持参すること。

評価方法
Evaluation Method

実験が行なわれたことを前提に、レポートにより各実験・実習を均等に評価する。特別な理由が無い限りは予習をした上で実験を行なうことを評価の前提とし、レポートは5段階で評価する。

オフィスアワー
Office Hour (s)

質問・相談など不明な点は授業中に教員に直接訊ねる。授業終了後に疑問が生じた時には、随時教員の部屋を訪ねて質問するか、氏名、所属学科、および実験タイトルを明記した上で、疑問点を西本へメールで送る。メールは西本から担当教員に回送する。

使用書
Textbook (s)

開講日に配付する。

参考書
Book (s) for Reference

渡辺正、日本化学会編『化学ラボガイド』[朝倉書店]
日本化学会編『基礎編Ⅰ実験・情報の基礎』第5版[丸善(実験化学講座)]
日本化学会編『5化学実験のための基礎技術』第5版[丸善(実験化学講座)]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.