授業科目
Course Title

地学概論
Earth Science 

担当者
Instructor

教授   長澤 倫康
後 火4

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

本講義の到達目標は、人類が天体に興味を抱いてきた歴史の長大さと宇宙の広大さをふまえて、時間的にも空間的にも豊かな想像力を働かせることができるよう、自然の中の人間という認識を受講生が育てることです。その中で、地震や台風といった災害や宇宙における生命の存在を自然法則の立場から認識し、自然現象の一つとして理解できるようになることです。

授業内容
Course Content

多様な分野を包含する地学の中でも、本講義では主として天文学を取り上げます。また、身近な自然現象と関連させながら、地球の構造や気象にも触れます。特定の使用書は指定しませんが、参考書の内容が多く含まれます。さらに、必要に応じて最新の観測結果なども紹介します。いずれも、自然を扱う以上、物理学の基本的な概念や法則の修得が必要です。

授業計画
Course Planning

参考書および参考書に挙げられている参考文献の該当部分を事前に読むことにより、授業の理解を深めることができます。普段の板書内容はもちろんのこと、課題を配りますので、これらをよく復習し、生きた知識として身につけて下さい。予習と復習を合わせて4時間程度の自己学習を想定していますが、主に復習に重点を置いて下さい。予習は参考書の該当部分を利用、復習は講義ノートと課題を十分に活用しましょう。

第1回 天体の運動
第2回 太陽系
第3回 固体地球
第4回 地球の内部構造
第5回 地震と津波
第6回 地球大気
第7回 大気の運動と安定性
第8回 気象
第9回 地球磁気圏と太陽
第10回 恒星
第11回 銀河、銀河団、宇宙
第12回 時間と時刻
第13回 暦
第14回 宇宙と生命

授業運営
Course Management

講義形式によります。課題は dotcampusを通じて配付します。
興味があれば参考書の該当部分を予習するのも良いですが、復習は決しておろそかにしないで下さい。なじみのない概念や初めて聞いた用語などは曖昧なままにせず、その意味や使い方を丹念に修得して下さい。また、課題中の問いはただ答えを覚えるのではなく、解き方を他人に説明できる程度に深く理解して、適用すべき状況で正しく思い出せるようにして下さい。

評価方法
Evaluation Method

期末試験の成績によって決定します。

オフィスアワー
Office Hour (s)

自室(2-223)または卒業研究生実習室(6-227)にて、木曜日2限に応じます。
なお、授業中の質問も歓迎します。

参考書
Book (s) for Reference

岡村定矩 池内了 海部宣男 佐藤勝彦 永原裕子 編『人類の住む宇宙』[日本評論社(シリーズ 現代の天文学1)]2007年
木庭元晴 横山順一 桑原希世子 貝柄徹 青木成一郎『宇宙・地球・地震と火山』増補版[古今書院]2007年
小倉義光『一般気象学』第2版[東京大学出版会]1999年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.