授業科目

基礎無機・分析化学
Basic Inorganic and Analytical Chemistry

担当者

教授   西本 右子
前 火2

単位

2

到達目標

本講義の到達目標は、受講生が、元素、原子、分子、イオンとは何なのか、元素の周期表はどのように成り立っているのか、化学結合とその性質等、今後化学を深く学んでいくために必要な基礎的事項を単なる丸暗記でなく、本質的に理解することにある。
理学部のカリキュラム・ポリシーに従い、化学科の無機化学・分析化学系の科目についても入門から応用展開まで体系的に身につけることができようにカリキュラム編成がなされており、本講義はその中で基礎科目としての性格を持つ。

授業内容

原子やイオンの構造、元素の周期表の成り立ちと性質、物質を構成する化学結合(イオン結合、共有結合、金属結合等)の仕組み、さらには我々の生活にとって重要な役割を果たしている分析化学の基礎的事項(酸と塩基等)等について講義する。

授業計画

初回にシラバスの確認を行った上で、詳細な進め方について説明する。(予習)使用書、参考書の該当部分を読んでおくこと。
(復習)前回の授業の内容を整理しておくこと。なお予習・復習あわせて各回あたり約4時間の自己学習を措定しているが、休日などに複数のまとまった単元を予習しておくことは効果的である。
1.物質の概念、物理量(単位)の表現の仕方 、SI単位
2.物質量(モル)、濃度
3.原子の構造①電子、陽子、中性子
4.原子の構造②水素原子とエネルギー準位
5.原子の構造③多電子原子、量子数
6.小テストおよび解説
7.周期表と元素の性質①族と周期、遷移元素、典型元素
8.周期表と元素の性質②電気陰性度、電子親和力、イオン化エネルギー等
9.化学結合①イオン結合
10.化学結合②共有結合
11.化学結合③分子間結合
12.金属
13.イオン結晶、共有結合性結晶、分子性結晶
14.酸と塩基

授業運営

テキストを中心に講義形式で進める。パワーポイント、プリント、板書を併用する。
毎回小テストを実施するので、できなかったところを良く復習しておくこと。
最終テストの解説についてはdotCampus に示す。

評価方法

最終テスト(60-80%)と演習(10-20%)、小テストあるいは小レポート(10-20%)の結果で総合的に評価する。

オフィスアワー

授業時間開始前及び終了後、その場で受け付ける他随時研究室2-230で受け付ける。

使用書

西本、小棹『基礎からわかる無機化学』[丸善]

参考書

一國雅巳『基礎無機化学』[裳華房]2008
竹内敬人『ベーシック化学』[化学同人]2015
その他、授業の進行にあわせて適宜紹介する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.