授業科目

総合工学演習
Exercise on Coordinated Engineering

担当者

教授   秋吉 政徳
前 時間外
教授   朝倉 史明
前 時間外
教授   石井 信明
前 時間外
教授   今井 崇雅
前 時間外
教授   林 憲玉
前 時間外
教授   上田 渉
前 時間外
教授   江上 正
前 時間外
教授   岡本 専太郎
前 時間外
教授   小野 晶
前 時間外
教授   片桐 英樹
前 時間外
教授   亀山 敦
前 時間外
教授   木下 宏揚
前 時間外
教授   窪谷 浩人
前 時間外
教授   小出 芳弘
前 時間外
教授   島 健
前 時間外
教授   進藤 晋
前 時間外
教授   新中 新二
前 時間外
教授   瀬古沢 照治
前 時間外
教授   竹村 兼一
前 時間外
教授   田村 忠久
前 時間外
教授   豊嶋 久道
前 時間外
教授   中山 明芳
前 時間外
教授   能登 正人
前 時間外
教授   原村 嘉彦
前 時間外
教授   引地 史郎
前 時間外
教授   日比野 欣也
前 時間外
教授   平井 裕久
前 時間外
教授   藤岡 淳
前 時間外
教授   藤本 滋
前 時間外
教授   松澤 和光
前 時間外
教授   松田 和之
前 時間外
教授   本橋 輝樹
前 時間外
教授   森田 光
前 時間外
教授   山口 栄雄
前 時間外
教授   山崎 徹
前 時間外
教授   山崎 教昭
前 時間外
教授   吉田 稔
前 時間外
准教授 宇佐見 義之
前 時間外
准教授 内田 智史
前 時間外
准教授 高野 敦
前 時間外
准教授 高野倉 雅人
前 時間外
准教授 陳 春平
前 時間外
准教授 西澤 弘毅
前 時間外
准教授 西野 晃徳
前 時間外
准教授 平岡 隆晴
前 時間外
准教授 松木 伸行
前 時間外
准教授 米田 征司
前 時間外
助教   奥野 祥二
前 時間外
助教   小澤 幸夫
前 時間外
助教   鈴木 健児
前 時間外
助教   有馬 隆司
前 時間外
助教   石川 理史
前 時間外
助教   荻谷 光晴
前 時間外
助教   香川 智修
前 時間外
助教   桑野 一成
前 時間外
助教   斎藤 温
前 時間外
助教   齋藤 美和
前 時間外
助教   佐藤 圭介
前 時間外
助教   實吉 尚郎
前 時間外
助教   張 斌
前 時間外
助教   岡 旭
前 時間外
助教   高橋 明
前 時間外
助教   張 沢君
前 時間外
助教   辻 順平
前 時間外
助教   中澤 順
前 時間外
助教   中村 弘毅
前 時間外
助教   藤江 遼
前 時間外
助教   松原 康郎
前 時間外
助教   森住 哲也
前 時間外
助教   山田 健
前 時間外
助教   渡邉 騎通
前 時間外

単位

1

到達目標

 本講義の到達目標は、総合工学プログラムのカリキュラム・ポリシーに従い、受講生が総合工学グループワークIIに引き続いて自発的な行動、グループでの連携、技術課題の解決を経験すると共に、卒業研究遂行に向けて専門知識修得などの準備をすることにある。

授業内容

 与えられた技術課題について、個人または複数人で連携して調査し、調査結果をまとめて発表し合って知識を共有する。詳細は、卒業研究指導者の所属する学科・教室毎に設定する。また、第7回・第14回・第15回は総合工学プログラム全体で集合して、それまでの活動状況や調査した技術課題等を報告し合う。

授業計画

 本授業は以下のように進めるが、詳細は学科・教室毎に設定される。別途指示される予習・復習に努めること。
 なお、予習・復習あわせて各回あたり1時間の自己学習を想定している。

1.ガイダンス:3年次の履修ガイダンス、本授業の進め方の説明
2.技術課題(1):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
3.技術課題(2):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
4.技術課題(3):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
5.技術課題(4):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
6.技術課題(5):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
7.活動状況報告会:全体で集合して、それまでの活動状況等を報告し合う。
8.技術課題(6):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
9.技術課題(7):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
10.技術課題(8):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
11.技術課題(9):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
12.技術課題(10):個人または複数人で調査し、調査結果をまとめて発表し合う。
13.発表会に向けて調査した技術課題をまとめる。
14.技術課題発表会:所属学科などの単位で集合して、調査した技術課題等を発表し合う。

授業運営

 毎回、指定された様式の宿題・レポートを個人およびグループ毎に提出する。

評価方法

 課題の遂行状況を100点満点で評価する。なお、欠席は大きな減点の対象となる

オフィスアワー

 卒業研究指導者が各々質問を受け付ける。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.