授業科目

CAD/CAM 
CAD/CAM 

担当者

准教授 伊東 弘行
後 木3-木4
助教   鈴木 健児
後 火3-火4

単位

2

到達目標

 本科目の到達目標は、機械工学科のカリキュラムポリシーに従って、受講生が①機械設計・製図部門のツールとして活用されているCAD/CAM(Computer Aided Design/Computer Aided Manufacturing)システムの基本機能を理解し、同システムが操作できること。②実用レベルの機械図面の作成能力について、CADシステムを利用しながら習得することである。
 本科目では「機械製図 I」に引き続き、その追加・応用知識について、主にCADシステムを利用しながら学ぶ。したがって、本科目の履修者は「機械製図 I」履修者と同等以上の製図知識を有することが望ましい。

授業内容

 前半は、CADシステムの基本操作法を修得し、基礎製図の復習と機械製図の追補(幾何公差、溶接記号など)について、機械部品、溶接構造物などの図面作成から学ぶ。その後、実践的な図面作成能力の習得のため、機械測定用具のスケッチ製図(対象物の形状・寸法の測定結果から、その製作図面の作成)を行う。機械の使用目的やその仕様から、加工と組み立てを考慮した図面作成によって機能設計の基礎を学ぶ。

授業計画

 各回の演習内容は以下のように予定しているが、進捗状況によって内容を前後、追加、変更する場合もある。
1.授業ガイダンス(シラバス記載事項の確認)、機械部品の製図(1)
  講義:CAD/CAMの概要、使用するCADシステムの概要と基本操作法(システムの初期設定、作図、消去、保存機能など)。
  演習:ジグ用プレートの作図(第1回、初期設定、主投影図)。
2.機械部品の製図(2)
  講義:機械製図法(はめあい、幾何公差)、CADの編集機能(複写、寸法、部品・記号、部品登録機能など)。
  演習:ジグ用プレートの作図(第2回、補助投影図、寸法記入、表面性状、組立図)、検図。
3.溶接構造物の製図(1)
  講義:溶接法と溶接記号。
  演習:溶接構造ブラケットの作図(第1回、部品図と組立図)、検図。
4.溶接構造物の製図(2)
  講義:溶接記号、溶接実形図とその図示法。
  演習:溶接構造ブラケットの作図(第2回、組立図と溶接各部の詳細図)、検図。
5.溶接構造物の製図(3)
  演習:溶接構造ブラケットの作図(第3回、組立図と溶接各部の詳細図)、小テスト(第1回)とその解説、検図。
6.スケッチ製図(1)
  講義:スケッチ製図の目的と作業手順、トースカンの使用目的。
  演習:トースカンのスケッチ作業(第1回、形状・寸法測定)、検図。
7.スケッチ製図(2)
  講義:穴とねじの図示法、公差の扱い方、ばねの図示法。
  演習:トースカンのスケッチ作業(第2回、形状・寸法測定)、検図。
8.スケッチ製図(3)
  講義:鋼板材料とJIS規格、穴・溝の加工と寸法記入、表面性状、幾何公差、熱処理とその図示法。
  演習:部品図の作成(1)、検図。
9.スケッチ製図(4)
  講義:旋削加工法と寸法記入、投影法。演習:部品図の作成(2)、検図。
10.スケッチ製図(5)
  講義:各種断面法、ばねの製図法。演習:部品図の作成(3)、検図。
11.スケッチ製図(6)
  講義:質量計算法。演習:部品図の作成(4)、検図。
12.スケッチ製図(7)
  講義:ばね製図。演習:部品図の作成(5)、検図。
13.スケッチ製図(8)
  演習:組立図の作成(1)、検図。
14.スケッチ製図(9)
  演習:組立図の作成(2)、小テスト(第2回)とその解説、検図。

授業運営

 授業は、講義、二次元CADシステムによる製図演習、検図、小テストから構成されている。提出図面は、その理解度を確認するとともにその内容が一定の基準を満たすよう検図を行い、修正した図面を再提出する。検図の際は、理解できていない事項などを事前にとりまとめ、自由に質問すること。予習・復習は基本的に不要であるが、授業時間内に課題が終了できなければ、その分の時間外学習が必要となる。
 演習では、パソコンのCADシステムを使用するため、手書き用の製図道具は不要である。毎週の演習によるCADデータを保存するため、各自でUSBメモリなどを用意するとともに、データ紛失に備えて常にバックアップをとっておくこと。

評価方法

 CADによる課題図面の提出を重要視する。投影法、図形の表示法、加工法に基づいた寸法とその許容差、加工面情報などが正しく表示されているか否を評価する。また、組み立てる各部品間同士が機能的に正しく設計されているかなども重要である。機械の製作と組み立てができない図面は不可とする。成績は、図面の結果(80%)、小テストの結果(20%)から総合評価する。

オフィスアワー

 質問は授業の終了後、製図室にて受け付ける。また、メールでも受け付ける。
その他、以下の時限をオフィスアワーとする。
伊東弘行:itohiro@kanagawa-u.ac.jp 8号館515室、水曜日を除く月~金曜日の5限。
鈴木健児:suzuki@kanagawa-u.ac.jp 12号館38室、水・木曜日を除く月~金曜日の5限。

使用書

 テキストを配布する。「機械製図 I」で使用したテキスト及びプリントもすべて持参すること。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.