授業科目

機械製図
Mechanical Engineering Drawing 

担当者

助教   鈴木 健児
前 木3-木4

単位

2

到達目標

 本科目の到達目標は、受講生が、①設計センスを磨くために空間認識力を高め、②図面を読んで三次元形状を理解できるようになるとともに、③頭の中で構想(イメージ)した部品の形状をフリーハンドで「ポンチ絵」として表現し、④図面の作成によって製図能力を高めることである。
 本科目では、機械工学科のカリキュラムポリシーに従い、「機械製図 I」で学習した基本的な機械図面を読み描きする知識及び能力の修得を確実なものにするとともに、さらに発展的な内容を修得する。したがって、本科目の履修者は「機械製図 I」履修者と同等以上の製図知識を有することが望ましい。

授業内容

 機械技術者が新たな機械を構想して図面作成に至るまでには、いくつかの過程がある。まず頭の中でどのような機械・部品を製作するか構想(イメージ)し、それをフリーハンドで「ポンチ絵」として描く。加工や組み立てのしやすさ、コストなどを考慮しつつ、部品形状を決める。さらに材料力学・機械力学・流体力学・熱力学などによる計算や各種工業規格(主にJIS)によって詳細寸法を決め、それが実現可能であればようやく製図が可能となる。本科目では、主に上記過程の初期段階におけるポンチ絵を作図するために必要な、空間認識力を高めるための演習を行う。製図演習として、機械部品(豆ジャッキ)をスケッチし、ドラフターを使用して部品図と組立図の製図を行う。
 なお、本科目は機械工学科製図室でクラス分けをせずに行うため、履修者数を制限している。履修希望者は定められた期日までに申し込みを行うこと。

授業計画

 各回の演習内容は以下のように予定しているが、進捗状況によって内容を前後、追加、変更する場合もある。
1.ガイダンス(シラバスの確認):本科目の狙い、他科目との関連性など
  演習では、定規や分度器を使わずに寸法や角度を推定する。また、フリーハンドで直線やできるだけ精確な円を描く。
2.図形の回転,組合せ,分割:頭で想像した図形の姿勢や角度を変えて作図する。また、様々な図形の組み合わせや分割を数多く想像し、レイアウトセンスを養う。
3.形状の認識:立体形状の認識力を高め、立体図から投影図を作図する。
4.形状の把握(1):投影図から形状を推定し、斜眼紙に立体図を作図する。
5.形状の把握(2):投影図から形状を推定し、フリーハンドで立体図を作図する。
6.形状の発想:不足する投影図から数多くの形状を新たに創造する。
7.空間認識(1):部品図または組立図の断面を想像し、作図する。
8.空間認識(2):機械部品などの立体図をポンチ絵で描く。第1回小テストとその解説。
9.空間認識(3):組立図から部品形状を推定し、その投影図をポンチ絵で描く。
10.豆ジャッキのスケッチ製図(1):豆ジャッキの形状・寸法測定とスケッチ図作成
11.豆ジャッキのスケッチ製図(2):豆ジャッキの製図演習(部品図の製図)
12.豆ジャッキのスケッチ製図(3):製図演習継続(部品図・組立図の製図,検図)
13.豆ジャッキのスケッチ製図(4):製図演習継続(部品図・組立図の検図)
14.機械装置のポンチ絵を描く:機械装置の動作説明図をポンチ絵で描く。第2回小テストとその解説。

授業運営

 授業は、講義、演習(作図作業)、検図、小テスト(2回)から構成されている。演習課題はすべて完成した図面の提出が原則である。本科目は演習科目であり、集中して取り組めば授業時間内に終了できる程度の課題であるため、時間外学習(予習・復習)は基本的に不要である。しかし、授業終了時に課題を提出できなければ、その分の時間外学習が必要となる。
 提出された図面は、その内容が正しく理解されているか否かを確認するため、検図を行う。そのため、検図の際は、理解できていない事項などを自由に質問すること。
 手書きによる製図作業を行うため、製図用具(コンパスなど)が必要となる。

評価方法

 成績の配分は、提出された課題80%、小テスト20%を目安に総合評価する。
 演習課題は、すべて提出することが原則である。図面は、綺麗かつ正しく描かれているか、またその内容を正しく理解しているかなどを評価する。検図の際は質疑応答を行い、理解度を判定する。演習課題の完成度、正確さ、理解度などが一定の基準を満たさない場合は、再提出とする。

オフィスアワー

 質問は授業の終了後、製図室にて受け付ける。また、メールでも受け付ける。12-38室、火・木曜日の5限をオフィスアワーとする。
 鈴木健児/E-mail:suzuki@kanagawa-u.ac.jp

使用書

テキスト及びプリントを適宜配布する。

参考書

山田 学『設計センスを磨く空間認識力“モチアゲ”』[日刊工業新聞社]2013

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.