授業科目

機械製図
Mechanical Engineering Drawing 

担当者

准教授 伊東 弘行
前 火3-火4
助教   鈴木 健児
前 月3-月4

単位

2

到達目標

 本科目の到達目標は、機械工学科のカリキュラムポリシーに従って、受講生が①基本的な機械図面を読む知識、②基本的な機械図面を描く能力を習得することである。そのためには、機械図面に関する各種工業規格(主にJIS)の理解とその使い方を学ばなくてならない。演習課題の図面(製作のための部品図、組立図)を描きながら、機械設計技術者としての基本的な製図能力を身につける。
 本科目の履修においては、「機械工学実習」で学んだ基本的加工法や、「機械要素」で修得した締結要素・回転要素・動力伝達要素に関する知識が重要である。

授業内容

 製図は、ものづくりに係わる機械技術者にとって重要な基本知識の一つである。対象物(もの)を製作する場合、それを依頼する人(設計者)とそれを実際に作る人(製作者)の間で正しい情報が伝達されなければならない。その情報伝達の手段が図面である。授業の前半は、図面の基本的事項である投影法、図形の表し方、寸法記入、公差、表面性状などを学び、後半は、基本機械要素(ねじ、軸継手、歯車など)の製図法を学ぶ。

授業計画

 各回の演習内容は以下のように予定しているが、進捗状況によって内容を前後、追加、変更する場合もある。
1. 授業ガイダンス(シラバス記載事項の確認)/機械製図の概要/図面と規格、図面の種類、図面で用いる文字・数字・線の種類と用途。
  演習:製図用の文字・数字・直線の練習
2. 投影図の作図:投影図の種類、第三角法と第一角法、図形の表し方。
  演習:第三角法と第一角法による投影図
3. 支持台の作図:主投影図と補助投影図、断面の表し方、図形の省略法。
  演習:第三角法による支持台の投影図
4. 点検フタの製図:寸法記入の一般形式、寸法補助記号、穴の寸法記入、普通公差、図面の描く手順。
  演習:点検フタの製図
5. Vブロックの製図(1):けがき用具とVブロック、Vブロックの鋳造と加工法、表面性状記号とその図示法、鉄鋼材料とJIS記号。
  演習:Vブロックの製図(レイアウトと製図)
6. Vブロックの製図(2):寸法許容差とその表し方、加工工程とその記号。
  演習:Vブロックの製図(製図継続演習)
7. ねじ締結体の製図(1):ねじの種類と規格及び図示法、ボルト・ナットのJIS規格、ボルトの略画法。
  演習:押さえボルト締結体の製図
8. ねじ締結体の製図(2):小ねじの略画法、座金類の種類とJIS規格、ねじ穴の設計と加工と図示法。
  演習:通しボルト締結体の製図
9. ねじ締結体の製図(3):植込みボルトのJIS規格とその使い方。
  演習:小テスト(第1回)の実施と解説、植え込みボルト締結体の製図
10. 軸継手の製図(1):軸と軸継手の種類とJIS規格、はめあい方式の基礎、はめあいの計算。
  演習:フランジ形たわみ軸継手の製図(寸法値の決定と配置、製図)
11. 軸継手の製図(2):キー及びキー溝のJIS規格と図示法。
  演習:フランジ形たわみ軸継手の製図(製図継続演習)
12. 軸継手の製図(3):幾何偏差・公差とその図示法。
  演習:フランジ形たわみ軸継手の製図(製図継続演習)
13. 歯車の製図(1):歯車の種類とJIS規格、標準平歯車の計算法、歯車の図示法。
  演習:平歯車の製図(歯車の計算、製図)
14. 歯車の製図(2):特殊断面図示法、歯厚の寸法管理。
  演習:小テスト(第2回)の実施と解説、平歯車の製図(製図継続演習)

授業運営

 授業は、講義、製図演習、検図、小テスト(2回)から構成されている。演習課題はすべて完成した図面の提出が原則である。本科目は演習科目であり、集中して取り組めば授業時間内に終了できる程度の課題であるため、時間外学習(予習・復習)は基本的に不要である。しかし、授業終了時に課題を提出できなければ、その分の時間外学習が必要となる。
 提出した課題図面は、その内容が正しく理解されているか否かを確認するため、検図を行う。検図では、教員と学生の一対一による質疑応答の形式できめ細かな指導を行う。そのため、検図の際は、理解できていない事項などを事前にとりまとめ、自由に質問すること。手書きによる作図作業を行うため、製図用具(コンパスなど)が必要となる。

評価方法

 演習課題は、すべてを提出することが原則である。図面は、きれいでかつ正しく描かれていること。またその内容を正しく理解しているかなどを評価する。検図の際は質疑応答を行い、図面の理解度を判定する。図面の完成度、正確さ、理解度などが一定の基準を満たさない場合は、再提出、再検図を行う。成績の配分は、図面80%、小テスト20%を目安に総合評価する。

オフィスアワー

 質問は授業の終了後、製図室にて受け付ける。また、メールでも受け付ける。
その他、以下の時限をオフィスアワーとする。
伊東弘行:itohiro@kanagawa-u.ac.jp 8-515室、水曜日を除く月~金曜日の5限。
鈴木健児:suzuki@kanagawa-u.ac.jp 12-38室、水曜日を除く月~木曜日の5限。

使用書

林洋次『機械製図入門』初版第1刷[実教出版]2014
 副テキスト『機械製図Ⅰ』及びプリントを適宜配布する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.