※お気に入りに登録しました。

授業科目

建築学実験
Architectural Experiments

担当者

教授   岩本 靜男
後 火4-火5
教授   荏本 孝久
後 火4-火5
教授   奥山 博康
後 火4-火5
教授   島崎 和司
後 火4-火5
教授   趙 衍剛
後 火4-火5
教授   藤田 正則
後 火4-火5
教授   安田 洋介
後 火4-火5
助教   犬伏 徹志
後 火4-火5
助教   白井 佑樹
後 火4-火5
助教   張 海仲
後 火4-火5
助教   傳法谷 郁乃
後 火4-火5
助教   吉浦 温雅
後 火4-火5
講師   上野 耕一
後 火4-火5

単位

2

到達目標

 建築構造に使われる木材、コンクリートや鋼材などの強さや粘りなどの諸性質、光・音・温熱・空気・水環境の測定・評価手法などを、実験によって修得するものとする。

授業内容

 デザインコースの学生を対象とし、デザインコースを選択した人でも知っておく必要があると考えられる建築環境や構造に関する基本的な項目の中から適切な課題を選んで解説し、実験を行う。

授業計画

 3つの班に分かれ、以下の項目について一項目1回あるいは2回として交互に実験を進める。予習としては、課題の実験に関連するすでに履修した講義科目について復習してくることが必要である。この科目としての復習は、実験結果を吟味し、所定のレポートを作成することである。
1.ガイダンス
2.鉄骨部材の引張・圧縮実験
3.ラーメンの振動実験
4.木材の曲げ実験
5.土の一軸圧縮試験
6.コンクリートの混練
7.コンクリートの圧縮強度試験
8.環境騒音測定
9.音の明瞭度実験
10.給排水特性の測定
11.温熱環境測定
12.風環境測定
13.照度測定
14.まとめとレポート作成

授業運営

 適宜プリント等を配布し使用する。

評価方法

 レポートにより評価する。原則として4回以上欠席すると評価の対象としない。

オフィスアワー

 質問などは講義後に受け付ける。その他は各担当教員へe-mailで、あるいは火曜日12時から13時に環境設備研究室(8-57室)にて対応する。

使用書

適宜プリントを配布する。

参考書

『建築材料実験用教材』第4版[日本建築学会]2000.03
『建築環境工学実験用教材』第2版[日本建築学会]2011.03

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.