※お気に入りに登録しました。

授業科目

鉄骨構造の設計演習
Structural Design of Steel Structures

担当者

教授   藤田 正則
後 水4-水5
講師   田村 和夫
後 水4-水5

単位

2

到達目標

鉄骨構造の構造設計のための演習として、受講生が、柱・はりなどの各部材や接合部の設計方法を学び、実際の鉄骨構造物の構造計算書と構造設計図書の作成についての考え方や方法を修得する。本演習は、構造設計で最も大切な「力の流れ」、即ち構造物に作用する外力や荷重が、部材から部材へと骨組を通って安全な地盤まで伝達する方法についての感覚を養うことにある。

授業内容

700㎡程度の中学校体育館上屋の演習課題について、講義をききながら構造計算書を作成し、講義最終日に構造設計図とあわせて提出する。なお、開講時に参考事例を示したプリントを配付する。
 この科目を履修する者は、「建築の力学及び演習」「骨組の力学Ⅰ及び演習」「骨組の力学Ⅱ及び演習」および「鉄骨構造」をあらかじめ履修しておくことが望ましい。

授業計画

1.プリント配布、課題説明、構造計画、一般事項、荷重計算
2.主架構の設計Ⅰ(固定、積雪風、風荷重の応力算定)
3.主架構の設計Ⅱ(地震荷重、荷重の組合せによる応力算定)
4.断面設計Ⅰ(許容応力度設計)
5.断面設計Ⅱ(耐震設計)
6.桁行軸組の設計
7.屋根面の設計
8.妻面、基礎の設計
9.部材設計演出
10.構造図面の全体説明
11.構造詳細関係の説明及び図面演習Ⅰ(溶接部)
12.構造詳細関係の説明及び図面演習Ⅱ(ブレース接合部)
13.構造詳細関係の説明及び図面演習Ⅲ(柱梁接合部)
14.まとめ、質問受付 (鉄骨構造図面提出)

授業運営

講義と演習を半々とする。復習は必ずすること。

評価方法

期末試験(60%)および提出した構造計算書(20%)と構造設計図(20%)の総合で評価する。

オフィスアワー

質問などは授業中あるいは授業終了直後に受け付ける。

使用書

上野嘉久『構造計算書で学ぶ鉄骨構造』[学芸出版社]

参考書

日本建築学会関東支部『学びやすい構造設計シリーズ「鉄骨構造の設計」』[日本建築学会関東支部にて購入可能]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.