授業科目

建築設備演習
Building Services Engineering Exercise

担当者

教授   奥山 博康
前 火2

単位

1

到達目標

[学習の教育目標]
建築:B、C、D

 本授業の到達目標は、受講生が、(1) 建築設備工学での伝熱と流体の基礎知識を具体的な演習を通じて確かなものにすること、(2) 空調熱負荷計算法を具体的な演習で確実に身に付けること、(3) 再生可能エネルギーと省エネルギー・システムを理解すること、(4) 熱・換気回路網モデルによるシミュレーションの概要を理解すること等である。

授業内容

 この授業では、冷暖房換気設備に関して、設計をし、制御するための原理と計算法等の基礎事項について、具体的な演習問題を解くことで理解を深めてもらう。建築設備は長い年数にわたりエネルギーを消費していくものなので、地球環境問題との関連が深い反面、適切な再生可能エネルギーの利用と省エネルギーが大きな効果を発揮する。こうした方法の理解も深めてもらう。建築の冷暖房換気は、設備的な部分での最適化だけでなく、建築と一体となった全体的システムでの最適化が重要である。こうしたシステムの計算に適した工学的なモデルも、具体的な演習を通じて理解してもらう。

授業計画

 各回の授業内容は14回にわたり、一応次の様に予定しているが、時間の関係で若干前後する場合もある。演習問題は、適時に適切な枚数を配布し、なるべく数多くの問題を解いてもらう。また解くために必要な基礎事項の解説も行う。予習としては、授業において指示する教科書や参考書の該当部分を読んでくる。また復習は、授業時間内に解説した解き方を反復したり、宿題とされた演習問題を解くことで行う。

1.空調設備についての復習とガイダンス
2.熱の流れ(1)、熱の移動の基礎事項
3.熱の流れ(2)、壁などの熱貫流
4.熱の流れ(3)、日射熱の考慮
5.熱の流れ(4)、円筒管の熱損失
6.流体の性質と流れ(1)、圧力と流れの基礎事項
7.流体の性質と流れ(2)、ベルヌーイの定理
8.流体の性質と流れ(3)、管内の摩擦抵抗
9.流体の性質と流れ(4)、流体回路と圧力分布
10.熱負荷計算と空気線図
11.空調風量と吹き出し温度
12.再生可能エネルギーと省エネルギー・システム
13.熱・換気回路網モデルによるシミュレーション(1)、熱回路網
14.熱・換気回路網モデルによるシミュレーション(2)、換気回路網

授業運営

 上記の授業内容に関して講述し、随時資料配布、演習問題等を課す。

評価方法

 成績評価は講義時間中に行う小テスト(20%)と期末試験(80%)で行う。原則として出席が80%に満たない場合には評価の対象としない。

オフィスアワー

 質問は、講義中または講義時間以外では、水曜と金曜日と土曜を除き12:00~13:00に8号館-56号室でも受け付ける。さらにメールでも受け付ける。

使用書

田中俊六・他『最新 建築設備工学』改訂版第8刷[井上書院]2017年2月

参考書

木村建一『建築設備基礎』(pdf版)Version 0.5.0[国際人間環境研究所]2009年3月
その他,授業中に適宜紹介したり,資料配布を行ったりする.

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.