授業科目

建築の耐震解析及び演習
Bases of Seismic Design of Buildings

担当者

教授   趙 衍剛
前 金3-金4
助教   張 海仲
前 金3-金4

単位

3

到達目標

本講義は、耐震、制振・免震等の幅広い概念に基づく建築物の振動解析が広く行われるような状況を対応できるために、建築の振動解析の基礎として、建築物の振動の特性値、建築物の構造モデルと振動モデルおよび構造耐震設計の基本をしっかり理解して、一層モデルの振動解析を行うことができることを目標とします。

授業内容

 2000年の建築基準法施行令の改正により、「性能規定型設計」の考え方が導入され、耐震、制振・免震等の幅広い概念に基づく建築物の振動解析が広く行われるようになって来ています。本講義は、そのような状況に対応できるよう、建築の耐震解析の基礎について述べます。

授業計画

1.ガイダンス/構造設計と振動解析/振動論と構造力学
2.建築物の構造モデルと振動モデル、振動方程式の誘導
3.1自由度系の自由振動と固有周期
4.1自由度系の自由振動実験(レポート有り)
5.減衰1自由度系建物の自由振動
6.1自由度系建物の調和外力による強制振動
7.減衰1自由度系建物のによる強制振動(調和外力と地動加振)
8.1自由度系の地震応答解析と地震応答スペクトル
9.マトリックス法による構造解析、剛性マトリックス
10. 剛性マトリックス実験(レポート有り)
11. 多自由度系の自由振動と固有周期
12. 多自由度系の自由振動実験(レポート有り)
13. 構造耐震設計の基本
14. まとめ

授業運営

講義内容をその日のうちに理解しなければ次の講義がわからなくなるので、授業に出席し、予習・復習をすることが大切です。

評価方法

 講義時に求めるレポート(「授業計画」参照)と期末の定期試験によって成績を評価します。(レポート<平均点>:50%、期末試験:50%)

オフィスアワー

質問などは講義後に受け付けます。その他の時間は研究室(12-36室)を訪ねて下さい。

使用書

趙 衍剛『講義用プリント』

参考書

星谷 勝『振動解析演習』[鹿島出版会]1982
柴田 明徳『最新耐震構造解析』[森北出版]1981

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.