授業科目

環境システム計画演習
Built Environment Design Exercise 

担当者

教授   岩本 靜男
前 木4-木5
助教   傳法谷 郁乃
前 木4-木5
助教   吉浦 温雅
前 木4-木5
講師   鎌田 元康
前 木4-木5
講師   弘 洋子
前 木4-木5

単位

2

到達目標

 受講生は、「給排水衛生設備」において学修した内容を基礎にして、安全性・衛生性・快適性や施工性に配慮しながら給排水衛生設備の理論と実施設計の調和を図る手法を身につける。

授業内容

 実際の建築物の給排水衛生設備の設計計算法と設計図面を作成する順序・方法を述べ、演習および図面の作製を行う。給排水衛生設備の計画・設計を通して、建築計画・設計と建築設備との関連を自ら考察することが重要である。

授業計画

 予定課題は、床面積3,000㎡程度のRC造中規模建築物であり、配布する標準図面を参考に各自設計する。 以下に本授業の学修項目を記す。項目3~12は同一項目2回で構成されており、最初で設計法、図面作製上の注意などの解説を聞いて理解し、次週で演習として設計に取り組んで完了させることとしている。
 本講義は2単位の演習科目であるので、予習・復習時間は1回あたり4時間を想定している。
 予習としては①給排水衛生設備の設計においては、2年次後期科目の「給排水衛生設備」の教科書・ノート・プリント類をよく復習しておくこと、②各回の該当項目について教科書を必ず一読し、配布資料に一通り目を通すこと、③疑問点があればあらかじめメモしておくこと、が挙げられる。
 復習としては、①各講義の内容全体を必ず復習しておくこと、②疑問点については各自整理しておいて、オフィスアワーや次回講義時に質問し、必ず解決しておくこと、③時間内に終わらなかった図面等の作成については、自宅学習として次回講義までに必ず完了しておくこと、が挙げられる。

 1.全体説明
 2.建築計画・建築設備計画(講義と計算書作成)
 3.給排水・衛生設備図面の作成方法(講義)
 4.給排水・衛生設備図面の作成方法(トレース作成)
 5.衛生器具設備(講義)
 6.衛生器具設備(計算書と図面作成)
 7.給水設備(講義)
 8.給水設備(計算書と図面作成)
 9.排水通気設備(講義)
 10.排水通気設備(計算書と図面作成)
 11.雨水排水・敷地排水(講義)
 12.雨水排水・敷地排水(計算書と図面作成)
 13.学内設備見学
 14.図面・計算書の提出と講評

授業運営

 演習に備えて、教科書・配布プリント・筆記用具・電卓・製図用具一式・A4レポート用紙・課題図面を毎回持参すること。また課題図面と計算書提出後に作品の発表と講評を行う。
 あらかじめ、「給排水衛生設備」を履修しておくことが望ましい。

評価方法

 成績は、給排水衛生設備設計の図面、計算書、トレース図面・レポート1題を6:3:1で評価する。

オフィスアワー

 毎回授業の後に質疑に対応する。また、木曜日の昼休みおよび在室時は適宜、12-34室で岩本教授が受け付ける。

使用書

石福昭ほか『大学課程建築設備』第5版第8刷[オーム社]2014年2月10日
適宜プリントなどを配布する。

参考書

空気調和・衛生工学会編『給排水衛生設備計画設計の実務の知識』改訂4版[オーム社]2017年3月
田中俊六他『最新建築設備工学』改訂版第5刷[井上書院]2014年7月15日

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.