授業科目

建築技術英語
Technical English in Architecture 

担当者

教授   趙 衍剛
後 月1

単位

1

到達目標

建築の構造、材料、力学それぞれの基礎的部分に関する基本用語を習得、英語による理解力および表現力を高めることを目標とする。

授業内容

建築の構造、材料、力学それぞれの基礎的部分に関して、英語による理解力および表現力、表現能力を高めて、将来、国際的に活躍できる建築技術者としての基礎的能力を身につける。

授業計画

1. ガイダンス /建築英語概論
2. 荷重Ⅰ:固定荷重と積載荷重など
3. 荷重Ⅱ :地震荷重と風荷重など
4. 荷重Ⅲ :温度荷重、衝撃荷重など
5. 応力度とひずみ
6. 構造材料
7. 安定と釣り合い
8. 構造部材と接合部
9. 構造システムⅠ :トラスとラーメン
10. 構造システムⅡ:アーチ、ドーム、膜構造など
11. プレゼンテーションⅠ
12. プレゼンテーションⅡ
13. プレゼンテーションⅢ
14. まとめ

授業運営

適宜プリントを配布し、これを利用して講義を進める。課題を与えレポート提出を求める。各自、最低1回は、講義中にプレゼンテーションを行う。

評価方法

レポート提出及びプレゼンテーションは50%、小試験50%で総合評価する。全レポートを提出した者のみが,小試験を受けることができる。

オフィスアワー

質問等は授業の終了時に適宜受け付けます。

使用書

適宜プリントを配布する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.