授業科目

電気電子情報実験
Electrical, Electronics and Information Engineering Experiments 

担当者

教授   新中 新二
前 木3-木4-金3-金4
教授   松澤 和光
前 木3-木4-金3-金4
准教授 平岡 隆晴
前 木3-木4-金3-金4
准教授 米田 征司
前 木3-木4-金3-金4
助教   斎藤 温
前 木3-木4-金3-金4
助教   森住 哲也
前 木3-木4-金3-金4
助教   渡邉 騎通
前 木3-木4-金3-金4
講師   池田 紀芳
前 木3-木4-金3-金4

単位

4

到達目標

本科目の到達目標は、参加学生が、工夫された実験・演習科目を通じて、工学的スキル、センス、直観力を身につけ、さらには問題解決に応用できる能力を養成することである。
具体的には、(1)各実験項目について実験対象あるいは装置の動作や原理を理解できること。(2)実験結果の意味やその工学的意義を理解できること。(3)限られた時間内に実験を実行し実験結果のデータ処理が適切に行えること。(4)実験結果をレポートにまとめ、口頭によるプレゼンテーションができること。
本科目の内容は工学部および当学科のカリキュラムポリシー/ディプロマポリシーに沿ったものである。

授業内容

電気・電子・情報工学に関する以下のようなテーマのもとに各種の実験を行うことによって実験・測定技術、情報処理知識を修得すると共に、専門科目で学んだ原理・法則・知識を活用し、実験結果の解析・考察を行うことによって理論の意義、実験の意義をそれぞれ理解し、電磁気現象に対する技術的取り組み方、考え方を各自が創造していく能力を養成する。さらに実験終了後にその報告書を作成提出することによって報告文書作成能力を養成する。  
なお、本科目は電気主任技術者資格取得に要する項目を含む。

授業計画

電気電子情報実験Ⅲでは以下の実験テーマを学修する。実験を効果的・効率的に遂行するには予習が特に重要である。実験予定表を用いて事前に明示した実験テーマに関し、十分な予習をし、内容を理解しておくこと。実験は、実験テーマごとにレポートを提出して、はじめて終了する。レポートは、実験テーマの内容を復習した上で、「レポート作成ガイド」を熟読し、理路整然とした作成を心がけること。レポート作成には実験の実施時間以上の時間を要する場合が多いので、提出〆切時限に遅れないよう十分に注意すること。

第1回目  ガイダンス、シラバス記載事項の確認
第2~12回目 以下の中から指定されたテーマを11週で学修する。各週どのテーマを学修するかは班で異なる。掲示される「実験スケジュール」表で確認すること。
 高電圧放電現象
 雷インパルスフラッシュオーバ試験
 直流モータ
 変圧器
 三相交流発電機
 MOSFETとその応用回路
 半導体接合の特性
 定電流回路と差動増幅器
 AD・DA変換器
 経路制御と防火壁
 高周波回路シミュレーション
第13回目 補充実験のための予備日
第14回目 プレゼンテーション

授業運営

班を編成し実験を行う。1班あたりの学生数は原則3名とする。複数班を組とし実験予定表に従って、1テーマ1~2週(2/4日間、8時限)の時間で実施する。

評価方法

各実験テーマに関する、出欠状況、実験への取り組み、報告書の提出状況、報告書の内容により評価する。「実験への取り組み」は各実施日の終わりに実験ノート記載を点検することで判定する。また2週間テーマの場合は、第1週目終了時に中間報告を、2週目終了時に報告書を提出する。すべての実験テーマに関してこれらを集計して総合評価する。さらにプレゼンテーションや討論の内容を加えて評価をする。
なお報告書未提出の場合、「出欠状況」・「実験への取り組み」も評価の対象外となる。

オフィスアワー

各実験テーマ毎に担当教職員が異なるので、その指示に従うこと。実験ガイダンス時に詳細に説明する。

使用書

神奈川大学電気電子情報工学科『電気電子情報実験ⅢⅣ』[神奈川大学生協]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.