授業科目

電気電子情報実験
Electrical, Electronics and Information Engineering Experiments 

担当者

教授   山口 栄雄
前 月3-月4-月5/火3-火4-火5
准教授 陳 春平
前 月3-月4-月5/火3-火4-火5
助教   張 沢君
前 月3-月4-月5/火3-火4-火5
助教   辻 順平
前 月3-月4-月5/火3-火4-火5
助教   干場 功太郎
前 月3-月4-月5/火3-火4-火5
講師   世良 哲也
前 月3-月4-月5/火3-火4-火5

単位

3

到達目標

電気回路、電気磁気学、電気電子計測等に関する実験を通して、電気電子情報工学の内容の理解を深めるとともに各種の電気計器、電子測定器の使用方法、種々の実験的手法、計算機による数値計算および各種のシミュレーションを習得することを目標とする。
※本実験の内容上、本実験の開講セメスター以前、あるいは並行して電気回路Ⅰ・Ⅱを履修するよう強く勧める。

授業内容

電気電子情報工学の基礎の理解に必要な理論の整理、実験の準備、実験データの取り方、実験結果の整理方法を体得することにより、
考察等をも含めてレポートにして提出させ、種々の研究・実験テーマについてのレポートのまとめ方を習得する。特に、テスタ-の使い
方(テスターの理論、構造、機能、保守及び運用)、電流電圧の測定、直流ブリッジ、定K型フィルタ、等価電源、インダクタンス・キャパシタンス等を学習する。

授業計画

Aクラス、Bクラスが月曜日、火曜日に分かれて実験を行う。下記のテーマについて各クラスが約30班に分かれて14週に渡って実験を行う。
1.ガイダンス、グラフ・レポートの書き方 
2.基礎実験
3.半田付けの実習と回路計の制作Ⅰ 
4.回路計の動作試験と校正 
5.電位差計による電圧計の校正試験 
6.電位分布の測定 
7.ブリッジによる受動素子の測定
8.等価電源 
9.電磁力の測定
10.磁性材料の測定 
11.AT互換機組み立てとOSセットアップⅠ
12.AT互換機組み立てとOSセットアップⅡ 
13.電流電圧の測定 
14.インダクタンス・キャパシタンスの測定

授業運営

(1)実験を開始するにあたって、履修者登録、使用テキスト配布、班分けを行い、実験の進め方、レポートの作成方法について説明する。
(2)13テーマについて実験を行う。
(3)各実験開始前に実験の目的、実験方法等について説明し、また、実験終了後、得られた実験結果・データをまとめて提出させ、内容につき助言する。また全員の出席を確認する。
(4)各々が実験目的、理論、実験結果、および考察等をまとめたレポートを次回の実験のはじめに提出する。また、実験中に疑義が生じた場合には、随時、質問を受け付け指導する。不十分なレポートは原則として実験終了時に返却し、修正の上、再提出させる。

評価方法

提出した実験レポートは各担当者がチェックし、不備なものは再提出させる。
レポートの評価はA,B,C,Dで評価し、点数化する。

オフィスアワー

他クラスの実験中(13:30~17:00)他随時。

使用書

テキストはガイダンス時に配布する。

参考書

電気回路、電気磁気学、計測工学に関する書籍等。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.