授業科目

基礎製図
Fundamentals of Drawing

担当者

准教授 松本 光広
前 月2/月3

単位

1

到達目標

 本授業の到達目標は、履修者が、①機械と電気の分野に関する製図の規格について知ること、②製図の基礎的事項について学ぶこと、③投影法と立体図の表わし方を学び、投影図、等角図の作成技術を習得すること、等々を通じて、経営工学のものづくりの基礎となる製作図、回路図などの図面を正しく読み取る力および作成する力を身に付けられることである。

授業内容

 本授業では、配布したプリントに沿って、製図の規格、製図の基礎的事項を習得する。そして、演習課題を行うことによって図面の読み取りと作成の方法を押さえていく。

授業計画

 各回の授業内容は次のように予定している。予習として、各回のキーワードを事前に調べてくることを勧める。また、復習としては、参考書等をもとにして、授業時の演習課題に類似した内容について考えてみることが望ましい。なお予習・復習合わせて各回あたり約1時間の自己学習を想定している。

1. ガイダンス/製図の基礎①
  シラバスの記載事項について確認し、機械製図と規格、製図道具、図面に用いる文字を学ぶ。
2. 製図の基礎②
  図面に用いる線を学ぶ。
3. 製図の基礎③
  平面図形を学ぶ。
4. 図形の表し方①
  投影法、第三角法、投影図の書き方を学ぶ。
5. 図形の表し方②
  投影図の書き方、正面図の選び方、必要な投影図の数、断面図の表し方、対称図形の省略を学ぶ。
6. 立体図
  等角図、等角投影、等角図の作図手順、キャビネット図を学ぶ。
7. 中間試験および解説
  ここまでの内容について試験(60分)を実施し、終了後に試験についての解説を行う。
8. 製作図①
  図面の様式、寸法の表示を学ぶ。
9. 製作図②
  公差・表面性状を学ぶ。
10. 平歯車の製図①
  歯車の種類、歯車の基礎、歯車の書き方を学ぶ。
11. 平歯車の製図②
  平歯車の製図の演習を行う。
12. 電気製図①
  回路図、回路記号を学ぶ。
13. 電気製図②
  回路図、回路図を書くときのルール、配線の公差と接続を学ぶ。
14. 最終試験および解説
  本授業の内容について試験(60分)を実施し、終了後に試験についての解説を行う。

授業運営

 本授業は、講義形式による学習に加え、製図道具を用いた作図の体験学習を行う。各回の演習内容を重畳して図面を正しく読み取る力や作成する力を身に付けていくため、遅刻や欠席をしないよう心掛けること。毎回、設定した演習課題を実施してもらう。

評価方法

 演習課題(40%)、授業内試験(60%)で総合評価する。

オフィスアワー

 質問や相談等は、授業終了後の月曜日4時限に23号館708室で受け付ける。

使用書

 適宜プリントを配布する。

参考書

桑田浩志、徳岡直静『機械製図マニュアル』第4版[日本規格協会]2010年
吉澤武男ほか『新編JIS機械製図』第5版[森北出版]2014年
小池敏男ほか『最新電気製図』新訂版[実教出版]2011年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.