授業科目

プログラミング演習
Programming Practice

担当者

教授   木下 宏揚
前 火4
教授   豊嶋 久道
前 月4/火4
助教   森住 哲也
前 月4

単位

1

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生がプログラミングにおける基本的な考え方を理解し、与えられた問題に対し、それを解くためのアルゴリズムを論理的に構築した上で、実際にプログラムを作成できることである。

授業内容

 講義科目である「情報技術Ⅰ」および「情報技術Ⅱ」で学習した内容に基づき、実際にコンピュータを使用することにより、プログラミングの基礎および応用について演習する。使用するプログラミング言語は、「C言語」を予定している。

授業計画

 以下の項目に関連する演習を行う予定である。プログラムを作成するためには、物事をきちんと整理して考え、コンピュータに何を処理させたいのかをしっかりと伝え、手順通りに作成する必要がある。また、プログラミング技術向上のためには、コンピュータに興味を持ち、毎回 授業に出席することが大切である。なお、授業の資料及び課題は、授業日の前の週にdotCampusなどのウェブ上に掲載されるので、予習としては、授業の資料に前もって目を通しておくこと、復習としては、課題に類似したプログラムを自作してみることなどの自習が望まれる。予習・復習合わせて各回あたり約1時間の自己学習が目安である。

1.ガイダンス及びプログラミング環境の設定
2.プログラムの基礎:入出力と四則演算
3.基本制御構造(1):条件判断
4.基本制御構造(2):繰り返し
5.1次元配列:数列及び文字列
6.関数の仕組みとユーザ関数
7.実用的なプログラム:乱数
8.ポインタ
9.構造体
10.ファイルの入出力
11.総合問題(1):数値計算
12.総合問題(2):アルゴリズム
13.総合問題(3):応用プログラム
14. まとめ

授業運営

 「情報技術Ⅰ」で学習した内容が理解できているものとして演習を行う。コンピュータを使用した授業では、授業内容の理解度に大きな差が出やすいという傾向があるため、なるべく受講生各自の進行状況を考慮した上で授業を進める。演習は、小規模なクラスに分け、教員以外にもTA(ティーチング・アシスタント)を活用し、きめ細かく指導する。

評価方法

 コンピュータを使用した演習であるので、出欠状況およびレポート課題(プログラム)が重視される。レポート課題については、与えられた問題に対し、それを解くためのアルゴリズムを論理的に理解した上で、実際にプログラムが作成できるかどうかを評価する。そのため、プログラムが例題通りに動作するだけでなく、入力によって誤動作しない処理がされているか、他人のプログラムをそのままコピーしていないかどうかも含めて多角的に判断する。これらの観点から、6割以上出席していることを条件として、レポート点を最終評価とする。

オフィスアワー

 開講時に各担当者が指示する。

使用書

 開講時に各担当者が指示する。

参考書

 開講時に各担当者が指示する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.