授業科目

情報技術
Programming Language 

担当者

教授   能登 正人
後 月4/火4
教授   松澤 和光
後 月4/火4

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生がコンピュータを思い通りに動かすための指令である「プログラム」の基本的な考え方を理解し、C言語を用いて簡単なプログラムを作成できるスキルを身につけることにある。
 本科目の内容は、工学部および当学科のカリキュラムポリシー/ディプロマポリシーに沿ったものである。

授業内容

 現代の工学技術はコンピュータの助け無しには成り立たない。情報分野はもちろん、電気電子、機械、物質科学、建築等のあらゆる技術分野においてコンピュータは計測/解析/設計/製造/制御等の様々な目的に利用されており、コンピュータを自在に使うための「プログラミング」は工学を学ぶ者にとって必須の基本スキルとなっている。この講義ではプログラミングの初歩、およびそれに関連した情報技術の基礎知識を、実際にコンピュータを使って実践的に学ぶ。

授業計画

 以下の順序に従ってC言語の初歩を学ぶ。毎回の予習として、それまでに学習したプログラミング手順を充分に理解し、すぐに練習問題に取り掛かれるようにしておくこと。毎回の復習としては、与えられたプログラミングの練習問題を自分で完成し動作を確認して、必ず指定された期日までにdotCampusに提出しておくこと。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。プログラミングのスキルは実際に書けば書くほど上達するので、参考書などを利用し自分でも積極的にプログラミングを行うことを期待する。

1. ガイダンス/本授業の学び方:シラバス記載事項の確認、プログラミング・スキルの重要性
2. プログラミングを始めよう:エディタの使い方、プログラムの作成、Cygwinでのコンパイルと実行
3. 値の計算:四則演算、計算結果の出力、変数の型と宣言、変数への代入、変数を使った計算
4. 繰り返し 1):forループを用いた繰り返し計算のやり方
5. 繰り返し 2):forループの使いこなし
6. 値の判定 1):if文を用いた判定のやり方
7. 値の判定 2):if文の使いこなし
8. 総合演習 1):forループやif文を使った様々なプログラミング
9. 総合演習 2):forループとif文で工夫する様々なプログラミング
10.並んだデータ 1):配列を用いた並んだデータの効率的な取扱い
11.並んだデータ 2):配列の使いこなし
12.提出課題2の出題とプログラミングのヒント
13.総合演習 3):より高度なプログラミング
14.全体のまとめと今後の学習

授業運営

 「情報処理演習I」などでのコンピュータリテラシー習得を前提とする。配布資料に基づき、スライド(PowerPoint)による講義とコンピュータを使った実習により授業を進める。毎回出題される練習問題、および2つの提出課題は、授業支援システムdotCampusを使って提出する。特に前半は1回でも欠席すると全く分からなくなって授業についていけなくなるので注意すること。

評価方法

 毎回の練習問題60%、2つの課題プログラム40%で成績を評価する。

オフィスアワー

能登:原則として、月曜5時限または火曜5時限に研究室(23-616)で質問を受け付けるが、それ以外の曜日・時限でも対応可能
松澤:月曜・木曜昼休みのヘルプデスク(23号館1階ロビー)、またはEメールで予約し研究室(23-624)へ matsuzawa@kanagawa-u.ac.jp

使用書

なし

参考書

高橋麻奈『やさしいC 第5版』[ソフトバンク]2017

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.