授業科目

細胞と遺伝子の生化学
Biochemistry of Cell and Gene

担当者

教授   朝倉 史明
前 木1
教授   小野 晶
前 木1

単位

2

到達目標

 生化学とは生命現象を化学的に理解する学問である。関連する授業―基礎生物化学(1年次)、分子生命化学(2年)、細胞と遺伝子の生化学(3年)―を通して生命現象に関する基礎知識を学び、生命科学、医学・薬学、環境科学における現代的課題の問題に対応する能力を身につける。

 本講義の到達目標は、受講生が以下を達成することである。
  ①核酸(DNA、RNA)の構造と物性
  ②セントラルドグマにかかわる諸反応
  ③遺伝子解析法の基礎と遺伝子と疾病の関係

授業内容

 教員が提供する資料を用いて授業を進める。資料はdotCampusに掲示されているので、各自、プリントして持参すること。

授業計画

 講義計画を以下に示したが、学生の理解度に応じて変更される。dotCampus上の資料をプリントし、予習したうえで、講義に持参する事。良い教科書が多数出版されているので、dotCampusの資料にあわせて予習・復習の参考にすることを勧める。

1. ガイダンスおよび概説:細胞と生体物質
    シラバスの記載事項について確認するとともに、受講にあたっての注意を理解する。細胞と生体物質の概要を学ぶ。
2. 核酸の構造と物性
    核酸(DNAとRNA)の構成成分の構造と性質。核酸の化学構造と高次構造を学ぶ。
3. DNAの複製と修復
    DNAの複製と修復の機構、複製と修復に関わる因子を学ぶ
4. 遺伝情報‐転写
    遺伝子の転写の機構、転写に関わる因子を学ぶ
5. 遺伝情報‐転写の調節
    転写の調節機構を学ぶ
6. タンパク質の合成
    タンパク質合成機構を学ぶ
7. 前半の内容からのテストと質疑応答
8. 疾病と遺伝子
9. 遺伝子とゲノムの解析法(1)
    DNA分析法の基礎
10. 遺伝子とゲノムの解析法(2)
    塩基配列の解読
11. 遺伝子レベルでみた疾患
12. 体質と遺伝子
13. エピジェネティクス
14. 後半の内容からのテストと質疑応答

授業運営

 講義形式で実施する。必要に応じて理解度確認テストを実施する。
 講義中の私語、無用な出入りなど、級友の勉学の邪魔になる行為は厳禁とする。これらの違反者の学籍番号を記録し、違反行為を2回行った学生の定期試験を0点とする。 また、出席として登録しながら授業に不在のもの(理解度確認テスト、小テストを提出しなかったもの等)は減点することがある。

評価方法

 講義期間を前半と後半に分けて二回のテスト(各50点満点)を行い、評価する。 また、理解度確認テストや小テストなどを提出しなかった場合は二回のテストの合計点から提出状況に応じて減点することがある。

オフィスアワー

 授業後に質問に答える。授業中に教員の内線番号とメールアドレスをお教えする。メールでの質問も歓迎する。

参考書

『マッキー生化学』[化学同人]
『ヴォート生化学』[東京化学同人]
『大学生物学の教科書・第3巻・分子生物学』[講談社(ブルーバックス)]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.