授業科目

機器分析
Instrumental Analysis 

担当者

教授   岡本 専太郎
後 水1

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は,受講生が有機化合物の機器分析について①どのような原理のどのような手段があり,②それぞれの方法で何がわかり,③要求に対してどの方法を選択し,④得られる結果をどう解釈するかに対する能力を身につけることである。すなわち,構造未知の有機化合物について,その構造決定を行う為の機器分析手法,あるいは,有機化合物およびその構造変化について定性的あるいは定量的な機器分析を行える能力を身につける。

授業内容

 この講義では,下記の使用書(テキスト)に沿って,有機機器分析の基礎理論を抑えながら,実際の分析の方法,得られる結果の解析方法を学修できるように解説していく。解析方法の修得に向けて,随時,解析の演習を加える。

授業計画

 各回の講義内容は次のように予定しているが,時間の関係で若干前後する事もある。
 テキストを随時参照するので,下記の使用書を購入し,事前に予習しておくことが好ましい。必要に応じて,小テストやスペクトルの解析問題の演習もおこなう。復習としては,講義中に取り上げた例題の再解析やホームワークとして課す演習問題を自分でやっておくことが必要である。

1 講義概要・到達目標の説明とシラバス確認
  有機化合物の機器分析の種類と概要
  赤外吸収スペクトル分析(1):原理と方法
2 赤外吸収スペクトル分析(2):解析手法と演習と解説
3 質量分析(1):原理と方法
4 質量分析(2):解析手法と演習と解説
5 可視・紫外吸収スペクトル分析(1):原理と方法
6 可視・紫外吸収スペクトル分析(2):解析手法と演習と解説
  蛍光スペクトル
7 高速液体クロマトグラフィー,ガスクロマトグラフィー,自動元素分析
8 核磁気共鳴スペクトル分析(1):原理と1H NMRケミカルシフト
9 核磁気共鳴スペクトル分析(2):1H NMRピーク積分とスピン—スピン結合
10 核磁気共鳴スペクトル分析(3):1H NMR実際のスペクトル解析
11 有機化合物の機器分析による構造検定(1):NMR & IR解析演習と解説
12 核磁気共鳴スペクトル分析(4):13C NMRスペクトル
13 有機化合物の機器分析による構造検定(2):総合解析演習と解説
14 有機化合物の機器分析による構造検定:習熟度テストと解説

授業運営

 講義と適宜小テストや解析演習を行う。解析演習は基本的のホームワークとして課し,講義中は解析方法の解説を行う。予習およびホームワークを含む復習を行なうことが望ましい。
 配布資料および講義ムービーをdot.campusに格納するので復習に利用すること。

評価方法

第14回に行う習熟度テストによって評価する。
出席状況は評価の対象としない。

オフィスアワー

 会議・講義で不在の場合を除く,通常講義日程の全日程,好ましくは月曜,火曜の午前中。
 教授室(23-731)へ質問に来ても良い。

使用書

泉,小川,加藤,塩川,芝 監修『『機器分析の手引き①』』第2版[化学同人]
泉,小川,加藤,塩川,芝 監修『『機器分析の手引き データ集』』第2版[化学同人]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.