授業科目

有機化学演習
Exercises in Organic Chemistry

担当者

教授   岡本 専太郎
前 水1
教授   小野 晶
前 水1
教授   金 仁華
後 月2
教授   横澤 勉
前 水1
准教授 赤井 昭二
前 水1
助教   太田 佳宏
前 水1
助教   實吉 尚郎
前 水1
助教   山田 健
後 月2

単位

1

到達目標

 1、2年次で有機化学の基礎を学習する。
 この授業の目的は、履修学生が各官能基別の化合物群に共通する化学現象を理解し、反応結果や有機化合物の合成法を予測できるような実力をつけることである。
 特に以下の達成を目指す。
  有機化合物の構造、物性の総合的理解
  求電子付加反応、求電子置換反応の総合的理解
  求核付加反応、求核置換反応の総合的理解

授業内容

 有機化学Ⅰ、有機化学Ⅱ、および物質生命化学基礎実験、物質生命化学実験Ⅰ、Ⅱで学んだ有機化学の知識を深めることを目的に、官能基別に化合物の命名法、合成法、反応等についての問題演習を実施する。

授業計画

 以下に示した項目を演習形式で学ぶが、学生の理解度に応じて変更されることがある。予習・復習は、下の授業運営にしたがって必ず行なうこと。
 1 ガイダンス(シラバスの記載事項を確認)、有機化学の基本 について学修する
 2 命名法 について学修する
 3 化学結合・酸と塩基・アルカン について学修する
 4 イオン反応(ハロゲン化アルキル)(求核置換反応と脱離反応) について学修する
 5 アルケンとアルキン(求電子付加反応など) について学修する
 6 アルコールとエーテル(還元反応、求核置換反応など) について学修する
 7 求核・求電子反応の総合的理解 について学修する
 8 習熟度評価テストを実施した後、その内容について学修する
 9 芳香族化合物(理論と物性) について学修する
10 芳香族化合物の反応(求電子置換反応など) について学修する
11 アルデヒドとケトン-I(構造と求核付加反応など) について学修する
12 アルデヒドとケトン-II(α位炭素の関与する反応など) について学修する
13 カルボン酸誘導体(付加脱離反応など) について学修する
14 総括と習熟度評価テスト

授業運営

 3つのクラスに分け、各クラスで同一テキストを用い、同じスケジュールで実施する。
それぞれの問題について学生が解答を板書し、説明した後に、教員がより詳しく解説する。
授業範囲について小テスト(参照不可、約10~20分)を毎回行う。
従って、毎回進行予定表に従って、あらかじめ問題を解いてくるとともに、講義内容を記憶するように集中することが大事である。

評価方法

 出席状況、板書解答の回数、小テストの平均点、中間習熟度評価テスト、期末習熟度評価テスト、および最後に提出してもらう予習ノートから成績評価する。また遅刻は減点の対象とする。

オフィスアワー

 演習科目であるので,質問は主に講義中に受け付ける。また,授業終了後にも受付ける。
 さらに、各クラスの担当者について,講義中に、質問時間・場所・連絡先等を知らせる。

使用書

『『神奈川大学物質生命化学科『有機化学演習』』2015年』授業初日に配布する

参考書

『『ソロモンの新有機化学(上・下)』』[[廣川書店]]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.