授業科目

原価管理
Cost Management

担当者

教授   平井 裕久
後 水2

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は受講生が、原価管理に関する広い知見を得て、企業において行われる原価計算の手続き、そしてそこから算定される原価情報の活用などについて理解することを目指す。

授業内容

 企業は、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の経営資源を効率的に活用し、経営活動を行なう必要がある。本講義では、特に「カネ」にかかる情報を中心として、企業の原価計算、そして原価情報を用いた管理会計(意思決定・業績評価会計)に関わる知識を修得できるよう議論する。

授業計画

 各回の講義内容は一応次の様に予定しているが、時間の関係で若干前後することもある。
 予習として、理解を深められるように事前にテキストや参考文献等で該当箇所の内容を確認すること。また、復習としては、講義での理論的内容について、実用的な場面での活用に関しても考察し、理解の定着を図ること。

1.ガイダンス/原価管理を学ぶこと
2.原価計算の意義
3.実際原価計算:費目別計算(第2章)
4.個別原価計算(第3章)
5.総合原価計算(第5章)
6.損益分岐点分析と原価データの推定方法(第7・9章)
7.中間試験と解説
8.スループット会計(第10章)
9.原価改善のための原価情報(第11章)
10.製品・サービスとための原価情報(第12章)
11.環境コスト分析とライフサイクル原価情報(第13章)
12.品質原価の分析(第14章)
13.プロジェクトマネジメント(第16章)
14. まとめ 本講義の総括 

授業運営

 毎回出席をとり、各テーマに関する課題演習を取り入れて講義を進める。

評価方法

 定期試験60%、中間試験30%、講義内課題10%

オフィスアワー

 授業終了後、その場で質問等を受け付ける。

使用書

淺田 孝幸『テキスト原価計算入門』[中央経済社]2011

参考書

園田 智昭 他『原価・管理会計入門』[中央経済社]2010
廣本敏郎 他『原価計算論』第3版[中央経済社]2015
片岡洋一『原価計算セミナー』[中央経済社]2015

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.