授業科目

力と形
Force and Form

担当者

教授   荏本 孝久
前 水2
助教   犬伏 徹志
前 水2
助教   白井 佑樹
前 月2

単位

1

到達目標

 建築の主要な構造と力学の関連性についての基礎知識を学ぶとともに、授業時間中に模型を作って、力を加えながら体験的に習得する。

授業内容

 建築学の主要な科目である構造力学の基礎的な入門として、学生自身が簡単な構造模型実験を用いた演習課題に取り組むことで力学を体で実感し、さらに構造の仕組みを理解する。

授業計画

 以下の内容で授業を行う。
 本講義の予習としては、授業計画の各回テーマ名に基づいて、関連すると予想される事柄について自分なりに調べてみること。その際、実際の構造物との関係を併せて考えることが効果的である。また、復習としては、各回授業内容に関して各自でまとめたノートに基づき、関連する内容についてより深く調べ考察すること。本講義以降に開講される力学の講義においても重要な内容が含まれており、本講義で基本的な構造力学のイメージを掴むことが肝要である。

1.全体説明(オリエンテーション)
2.力の種類と性質
3.構造の形を作る
4.構造の力の釣合い
5.部材に作用する力と変形
6.曲げを受ける梁部材
7.棒材の座屈現象
8.トラス構造の仕組み1(解説およびトラス構造模型の作成)
9.トラス構造の仕組み2(トラス構造の載荷実験および力学的考察)
10.アーチ構造の仕組み1(解説およびアーチ構造模型の作成)
11.アーチ構造の仕組み2(アーチ構造の載荷実験および力学的考察)
12.構造に作用する力と挙動
13.耐力壁付きラーメン構造の仕組み
14.構造の安定と不安定

授業運営

 授業は配布するプリント、スライド等を用いた演習テーマ説明を各授業の最初に担当教員が行う。説明終了後、各自(各グループ)で分かれて演習課題に取り組む。

評価方法

 各授業時間に設定した演習テーマのレポートで評価する。

オフィスアワー

 質問などは授業中あるいは授業終了直後に受け付ける。

参考書

『構造入門教材「絵でみるちからとかたち」』[日本建築学会]2013年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.