授業科目

情報機器活用
- 大学生としてのコンピュータ活用入門 -
Infomation Technology Literacy

担当者

教授   日比野 欣也
前 木3/木4
後 木3
助教   相澤 啓仁
前 火3
講師   江口 律子
前 火2
講師   鈴木 健司
前 水1/水2/木5
講師   高田 薫
前 月3
講師   三橋 大輔
前 金2/金3

単位

2

到達目標

 巷にあふれるテレビ、携帯電話、デジタルカメラなど目に見える身近な物から、天気予報、鉄道の発券機や銀行のATMなどのように、その実体は見えないが知らず知らずのうちに使っている様々な情報機器が我々の日常生活に入り込んでいる。このように何らかの情報に触れることのできる機器を総称して情報機器と呼び、その代表格といえる情報機器がコンピュータである。また、最近はこれらの情報機器がお互いに通信をさせて、複雑な情報処理を行えるようになってきている。
 本講義の到達目標は、受講生が、身近となったコンピュータ(パソコン)を中心に、その操作方法から代表的なアプリケーションの使い方、また、インターネットなどのコンピュータ・ネットワークの活用法を学び、大学生としての情報機器を積極的に活用して、学修に役立てることができるようになることである。また、本学のカリキュラム・ポリシーに従い、基礎的な情報処理能力を本科目で身につける。

授業内容

 この授業は、コンピュータ演習室において、情報機器(主にパソコン)の実践的な活用法を演習を中心に進めていく。演習項目は、下記の使用書(テキスト)に概ね沿って進めていく。

授業計画

 各回の講義(演習)内容は一応次のように予定しているが、操作実習を含むため、進行状況に応じて若干前後する場合もある。なお、予習や復習合わせて、各回あたり約4時間の自己学習を想定しているが、復習に関してはそれに対応する課題を多く設定する予定である。

1. ガイダンスとコンピュータの基本操作
2. 基本ソフト(Windows OS)の基本操作
    ~日本語および多言語入力、ファイルやフォルダの操作
3. インターネット活用(電子メール、WWWブラウザ)
    ~電子メールのしくみと使い方について
4. インターネット活用(電子メール、WWWブラウザ)
    ~WWWのしくみと情報倫理
5. 文書作成(Word)
    ~ワードによる文書入力の基本
6. 文書作成(Word)
    ~ワードによる文書編集
7. 文書作成(Word)
    ~文書レイアウトの作り方
8. 文書作成(Word)
    ~表や図形など扱い方
9. 表計算(Excel)
    ~データの入力と編集
10. 表計算(Excel)
    ~式の入力・データの計算
11. 表計算(Excel)
    ~関数とグラフ
12. 表計算(Excel)
    ~さまざまなデータ分析について
13. プレゼンテーション(Power Point)
    ~効果的なプレゼンテーションとは
14. プレゼンテーション(Power Point)
    ~パワーポイントの基本操作

 以上の他、キーボード・タイピングの練習、画像作成および処理などにも時間の許す範囲で触れる予定である。

授業運営

 本講義では、コンピュータ演習室を使って、演習形式で進めていくが、前述の「学修に役立てるための情報機器活用」という目的であるため、コンピュータを使った高度な活用を目指してはいない。ここでは、コンピュータの操作や活用に苦手意識を持つ学生を対象とする。尚、授業は教材を使った演習形式で行うので、欠席すると授業についてこられなくなることを理解して欲しい。
 また、この講義の次のレベルを目指したい人のために、「情報とコミュニケーション」、「プログラミング基礎」や「情報科学基礎」が用意してあるので、そちらも受講すると良い。 尚、各学部専修科目中にも情報処理関連科目があるので、各自よく注意の上、履修すること。

評価方法

 演習に連動して作成した課題により評価をする。出席状況は評価の対象としない。ただし、4回以上欠席した者は課題提出がなされていても、評価の対象としない。

オフィスアワー

日比野 欣也:木曜日 17:30〜18:00 6−411
相澤 啓仁:水曜日 9:00〜12:00 6−415
その他の教員は授業終了後での受付

使用書

矢野文彦(監修)『情報リテラシー教科書 -Windows 10/Office 2016対応版-』[オーム社]2017年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.