授業科目
Course Title

建築構造輪講
Seminar  of Structural Engineering in Architecture

担当者
Instructor

教授   荏本 孝久
前 月5
教授   島崎 和司
前 月5
教授   趙 衍剛
前 月5
教授   藤田 正則
前 月5
助教   犬伏 徹志
前 月5
助教   白井 佑樹
前 月5
助教   張 海仲
前 月5

単位
Credit

1

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力/International sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

 本講義の到達目標は、受講生が、建築物の安全性、耐用性、使用性についての最新の話題について触れることで、今後の卒業研究に向けた目的意識を育むことである。

授業内容
Course Content

 研究室の活動内容の紹介を兼ねて、構造システムの安全性、耐用性、使用性について、耐震設計、材料や構法、信頼性設計、鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造、地震・地盤・基礎構造等に関わる最近の諸問題を、担当教員が交代で講述・討論する。2年次終了前に説明会が開催されるので注意すること。

授業計画
Course Planning

 建築構造コースに関する担当教員が、それぞれの活動内容やそれぞれの専門領域を中心とする研究手法を紹介しつつ、建築物の安全性、耐用性、使用性について講述・討論する。
 内容は耐震設計、材料・構法、鉄骨構造、鉄筋コンクリート構造、地震・地盤・基礎構造および都市防災などに関わる最近の諸問題についてと、技術者倫理・建築倫理に関してである。予習・復習については、それぞれの回で指示する。
1.総論
2.各教員の講義内容
◎荏本研究室:地盤振動、地震動、防災システム、リスクマネージメントに関連して以下の内容を習得する。
 1)最近の都市防災システムの現状と課題 
 2)構造物と地盤の基礎的な振動理論と解析法
◎島崎研究室:性能に立脚した鉄筋コンクリート建物の耐震設計法の理解を目標として、以下の内容を習得する。
 1)構造物の耐震設計と要求性能
 2)鉄筋コンクリート構造の性能
◎趙・齋藤研究室:構造安全性や構造解析の基本について理解するために、主に以下の内容について学習する
 1)安全性の定量化:災害リスクおよび構造安全性を定量的に評価するための確率論的考え方と信頼性理論の基礎を紹介し、定量的な安全性確保を設計目標とする構造信頼性設計の基本的な考え方を講述する
 2)構造解析手法:解析手法の基本について学び、その各種応用例を紹介する
◎藤田研究室:アドバンスな建築構造デザインを理解するため、次のような項目について学習する。
 1)大空間構造から損傷制御構造そして地球環境建築構造を概説する。
 2)建築鋼構造のシステム化について概説する。
3.建築学科連続講演会(4回)
4.レポート作成

授業運営
Course Management

 本講義の履修に関して、履修科目届の他に建築学科内の申請が必要である。7月上旬に、申請について8・12号館に掲示するので、各自確認すること。各教員の輪講の詳しい内容についてはその時に説明会を開催する。
 授業では適宜プリントなどを配付して使用する。使用書、参考書を用いる場合は、各担当教員が授業中に指示する。

評価方法
Evaluation Method

 定期試験は行わない。レポートなどの提出物を100点満点で評価し、その平均点により評価する。

オフィスアワー
Office Hour (s)

 質問などは講義後に受け付ける。その他の時間は各教員のe-mailにて対応する。

使用書
Textbook (s)

適宜プリントを配布する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.