授業科目

コースワーク
Course Work 

担当者

教授   瀬古沢 照治
後 月2
教授   藤岡 淳
後 月2
准教授 内田 智史
後 月2

単位

1

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が、組織活性化とリーダーシップの考え方や行動を習得できることを到達目標とする。状況に対応したリーダーシップスタイルが最も有効であることを学び、簡単な組織活性化やリーダーシップの課題について自ら検討し解決できる力を身につけられることである。
また、情報システム創成学科のカリキュラム・ポリシーに従い、本科目は、一連のプロジェクト達成科目(コースワークⅠ~コースワークⅧ)の中で、Ⅰ~Ⅷの順に履修することが望ましい。

授業内容

 組織を支える人的要因に焦点をあて、活力と創造性の源泉について学習する。特にリーダーシップは大きなテーマである。コースワークⅣは、人間関係、行動科学、動機付け、組織均衡などの基礎理論を理解し、リーダーとしての資質、影響力、使命、機能など、その実際的内容や課題についてミニテストなどを用いて理解を深める。

授業計画

 授業で予告のあった課題や内容については、自ら準備をしておくこと。予習として、各回の該当頁を予め読んでおくこと。さらに、分からない用語や考え方については、自分なりに調べておくこと。また、復習としては、授業時で知った知見や考え方を自らのグループ活動やリーダーシップ活動に照らし合わせ実践できることを勧める。
1.ガイダンスおよびシラバス記載事項について確認する。行動科学的アプローチについて概要をつかむ (1週)
2.意欲と行動
  1)人間行動理論、行動の種類(2週)
  2)欲求と意欲、人格形成(3週)
3.リーダーシップ 
  1)ビジョン創造のリーダーシップ(4週)
  2)特性論的アプローチ(5週)
4.状況対応アプローチ (6週)
5.リーダーの効果性(7週)
6.状況(環境)を診断する(8週)
7.状況対応リーダーシップ、意識、パワー
  1)状況対応リーダーシップとは(9週)
  2)パワーの定義、理想的パワー(10週)
  3)ポジションパワーとパーソナルパワー(11週)
8.人的資源の開発 
  1)成長サイクル(12週)
  2)行動修正法(13週)
9.リーダーシップの実践活動、全体の纏め(14週)
   ・3年生進級に向けての心掛け
   ・臨時テストを実施し、解説を加える

授業運営

 授業では、基本的な行動科学の諸理論を把握し、現代的な課題を盛り込んで理解を深める。講義とグループワークを融合し授業を行う。数名/1班の班を編成し、ワーク(約10分)やミニテスト(約10)分を実施する。ミニテストは毎週実施し、その場で採点し、解説する。
第14週目には臨時テストを実施し、解説を加える。授業で予告のあった課題や内容については自ら準備をしておくこと。授業運営では下記を注意すること。
1)全出席のこと。10分以上の遅刻や途中無断退出した場合、欠席とみなす。
2)無断欠席および課題(ミニテスト等)を実施しない学生は不合格となることがあるので十分注意されたい。

評価方法

学習行動    30% 
ミニテスト   60%
臨時テスト   10%

オフィスアワー

 授業を実施している時間(月曜日2限)。その他は初回に各教員がオフィスアワーの時間と場所を発表する。

参考書

P・ハーシィ他(山本成二他訳)『行動科学の展開(人的資源の活用)』〔生産性出版〕、塩次喜代明他 『経営管理』 〔有斐閣アルマ〕、その他の参考書あるいは資料は必要に応じて随時紹介する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.