授業科目

ディジタルシステム基礎
Introduction to Digital Circuits and Systems

担当者

教授   豊嶋 久道
後 金2
講師   阿部 晋
後 金2

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が整数演算の2進数での表現、任意の論理の論理関数、及び論理回路での表現、論理関数の簡単化の方法、組み合わせ回路と順序回路の違いを理解することである。

授業内容

 我々の身の回りにある電子機器のほとんどは、内部にコンピュータを含むディジタルシステムとして動作している。本講義では、特にコンピュータのハードウェアの基礎となるディジタル論理回路について、論理演算の基本と論理設計並びに演算装置の構成について述べる。
 なお、本講義は情報処理技術者試験で出題される内容を含む。

授業計画

 各回の予定講義内容は以下の通りである。予習としては、予め配布されたテキスト、資料に目を通しておくこと、復習としては、講義中に出題された演習問題、レポート課題をノートを参照せずに解けるようにしておくことが望まれる。予習・復習合わせて各回あたり約4時間の自己学習が目安である。

1.イントロダクション
  本講義の目的、講義の進め方、評価の方法
2.コンピュータシステムの概要
  ハードウェアとソフトウェア、ディジタルシステムの設計
3.コンピュータのデータ表現①
  符号なし2進数による数表現
4.コンピュータのデータ表現②
  符号付き2進数による数表現
5.コンピュータのデータ表現③
  2進数による四則演算
6.論理回路の基礎①
  基本論理と論理ゲート
7.論理回路の基礎②
  論理代数と基本法則
8.論理回路の基礎③
  論理関数の完全系
9.論理回路の基礎④
  論理関数の標準形
10.カルノー図による論理回路の簡単化①
  簡単化の原理
11.カルノー図による論理回路の簡単化②
  不完全定義論理関数への適用
12.組合せ論理回路と順序論理回路①
  組合せ論理回路の例
13.組合せ論理回路と順序論理回路②
  状態遷移図と状態遷移表
14.組合せ論理回路と順序論理回路③
  フリップフロップ

授業運営

 テキストを補助資料とした講義を主体とするが、履修者の習熟度、授業の進行状況に応じて2週に1回程度の割合で小テスト・レポートを課して理解を深める。

評価方法

 この授業の到達目標に達したかどうかを定期期末試験(90%)及び小テスト・レポートなどの平常点(10%)で評価する。

オフィスアワー

 開講時に各担当者より指示する。

使用書

 開講時に各担当者より指示する。

参考書

 開講時に各担当者より指示する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.