※お気に入りに登録しました。

授業科目

生物学概論
General Biology 

担当者

教授   朝倉 史明
後 火2

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が、①細胞分裂様式の基礎的内容を知ること、②遺伝の法則に関する基礎的内容を知ること、③DNAレベルでの遺伝学とDNAを取り扱う技術についての基礎的内容を知ること、などを通じて生物について遺伝子(DNA)レベルで考える基礎的な力を身につけ、工学への応用を創意できるようにすることである。
 本科目では生物学における発展的な内容を扱うために、生物学において大切な基礎的内容を扱う生物学概論Iを履修した後に、本科目を履修することが望ましい。

授業内容

 生物学概論では、生物学のもっとも基礎的な内容を解説する。後期に開講する生物学概論Ⅱでは、特に、遺伝に関係する内容について扱う。すなわち古典的な遺伝学から分子レベルの遺伝学の基礎の修得を目標とする。基本的な専門用語を知り、生命現象の根幹とも言える遺伝と、その根底にあるDNAについての理解を深めてほしい。そして、これは真に大切なことであるが、生命の不思議を感じてほしい。前期の生物学概論Iよりも講義の進行は速くなるが、高校において生物学的内容を履修していない学生がいることを念頭におき、時間の許す限り、丁寧な説明を心がける。

授業計画

 講義は、前後することなく、次の順に進める。E.J.Simonら著の「エッセンシャル キャンベル生物学(第4版)」の内容に沿っている。
 講義前に配付資料をdotCampusにてアップロードしておくので、予習として、配付資料を事前に読んでくることが必要である。また、毎回、前回の内容に関連した新たな内容に進んでいくので、十分な理解のために一回一回の講義内容の復習を欠かさないようにすることが必要である。復習問題を配布するので、効果的な復習に役立てて欲しい。
 なお、予習・復習あわせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。


1. ガイダンス/本科目の学び方
2. 細胞増殖(1)細胞周期
3. 細胞増殖(2)有糸分裂
4. 細胞増殖(3)減数分裂
5. 遺伝様式(1)遺伝の法則
6. DNAの構造と機能(1)DNAとRNAの構造
7. DNAの構造と機能(2)遺伝子の発現
8. 中間テストとその解説
9. DNAの構造と機能(3)ウイルスなどの複製
10.本講義で学んでいることは何がおもしろいのか
  (実際の研究と本講義の内容との関係)
11.遺伝子の発現制御(1)遺伝子制御の理由と方法
12.遺伝子の発現制御(2)植物と動物のクローニングおよび癌
13.遺伝子組換え技術
14.DNA鑑定技術

授業運営

・ 参考書に挙げている「エッセンシャル キャンベル生物学」は、初学者や生物学を専攻しない学生にも分かり易く学べるよう書かれた教科書である。本講義では、主として、この教科書の133ページから274ページを扱う。この教科書を使用書(教科書)として扱わないが、読むことによって講義内容が理解しやすくなるので、読むことを勧める。
・ 3回目までは印刷した資料を講義内で配布する。しかし、4回目以降は講義内では配布しないので、あらかじめdotCampusを通じて配布資料をダウンロードしておくこと。
・ 補足的に「エッセンシャル キャンベル生物学」(第6版)、「キャンベル生物学(第9版)」からも引用し、説明する。
・ 質問は遠慮なくすればよい。
・ 講義一回ごとの復習を、怠ることのないように行うこと。

評価方法

 中間テスト(合計50点満点)と期末テスト(50点満点)で評価する。中間テストは、それ以前の講義内容から出題する。期末テストは、全講義内容から出題する。
 8回目の講義時間に中間テストを行う。中間テストを受験しないと単位取得は不可能となる。出席できないことがわかっている学生は事前に申し出るように。正当な理由で受験できなかった学生は、次回講義の前日までにその内容を朝倉の研究室まで申し出に来るように。長期の入院などの場合は、退院後にできるだけ速やかに申し出るように。

オフィスアワー

 授業後の教室あるいは研究室(6号館304号室)で受け付ける。いつ訪ねてもらっても良いが、後期講義期間中、火曜日の昼休みと3限はほぼ研究室にいる。

参考書

E. J. Simonら『エッセンシャル キャンベル生物学(第4版)』[丸善出版]
N. A. Campbellら『キャンベル生物学(第9版)』[丸善出版]
D. Sadavaら『カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻分子遺伝学』[講談社]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.