授業科目

卒業研究
Graduation Thesis

担当者

教授   木下 宏揚
通 時間外
教授   齊藤 隆弘
通 時間外
教授   島 健
通 時間外
教授   新中 新二
通 時間外
教授   豊嶋 久道
通 時間外
教授   中山 明芳
通 時間外
教授   能登 正人
通 時間外
教授   松澤 和光
通 時間外
教授   山口 栄雄
通 時間外
准教授 陳 春平
通 時間外
准教授 土屋 健伸
通 時間外
准教授 平岡 隆晴
通 時間外
准教授 松木 伸行
通 時間外
准教授 米田 征司
通 時間外
助教   斎藤 温
通 時間外
助教   張 沢君
通 時間外
助教   辻 順平
通 時間外
助教   干場 功太郎
通 時間外
助教   森住 哲也
通 時間外
助教   渡邉 騎通
通 時間外

単位

8

到達目標

卒業研究は今まで講義で学んできた知識を実践に活かす総仕上げである。各所属研究室で与えられた研究課題について、その目的を明確に理解し、目的を達成するための手段・方法を考え、実行して結論を得る。さらに、それらの一連の結果を卒業論文としてまとめ、発表する能力を養うことが目的である。

授業内容

卒業研究は学部教育の総仕上げである。これまでの講義・実験の学習成果をもとに、各自が独立にそれぞれの研究テーマについて教員から直接個別指導を受け、「研究目的を明確にする、目的を達成するための手段・方法を考える、実行して結果を得る、結果についてどこまで目的が達成されたかを検討する、目的に対して得られた結論を述べる」ことの基本を体験学習する。併せてプレゼンテーション能力(研究論文の作成、口頭発表)を養うことが卒業研究の目的であり、極めて重要である。
この卒業研究・研究発表の体験は、諸君が将来、大学院に進学し、さらに勉学・研究を行うためにも、社会に出て電気系・理工学系に限らず実際に企業に就職し仕事を遂行する場合も極めて有効であり、必要不可欠な体験となる。諸君の将来は卒業研究にかかっていると言っても過言ではない。このため諸君が3年次までの勉学の成果を生かし、さらに積極的に必要な勉学を行い、集中的に十分な時間を注入し努力して卒業研究の成果を上げることを強く期待している。

授業計画

卒業研究対象者は12研究室に分かれて所属する。指導教員とその指導分野は以下の通りである。

木下・森住:情報処理工学
齊藤(隆):画像工学、情報通信工学、信号処理
島・斎藤(温):電子回路工学
新中:電機制御、風力発電、パワーエレクトロニクス、電気自動車
陳・張:光波・マイクロ波回路、光薄膜デバイス、シミュレーション
土屋・干場:音波を用いる生体・環境応用計測、計算機シミュレーション
豊嶋・平岡:ディジタル信号処理、ディジタル通信回路、金融信号処理
中山・渡邉:超伝導デバイス、超伝導材料、量子効果デバイス
能登・辻:知能情報学、システム情報工学、人工知能
松木:エネルギー工学
松澤:コミュニケーション工学、人工知能、自然言語処理
山口・米田:結晶成長工学、半導体工学・デバイス、熱エレクトロニクス

授業運営

卒業研究は学生自身が自主的に実験・研究を行うことを重視する。研究従事時間は450時間以上が必要である。卒業研究実施内容は卒業論文ノートに記載し、随時指導教員と卒業論文ノートを元に討論を行う。その上で、一年間の最後に研究成果を卒業論文にまとめ、さらに学会発表に準じた卒業研究発表会で研究内容を発表する。論文の概要は毎年刊行している電気電子情報工学科卒業研究・博士・修士論文発表会講演論文集に掲載される。

評価方法

卒業論文ノートを用いた指導教員との討論、複数教員による中間発表会での評価を経て、最終的に卒業研究発表会での発表評価(指導教員を含む2名以上による審査)、卒業論文の評価、卒業研究実施時間数などを専任教員全員による卒業研究審査会で審査して合否を決める。

オフィスアワー

各研究室で決める。なお、卒業研究実施時間は450時間以上必要である。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.