授業科目
Course Title

基礎化学
Basic Chemistry 

担当者
Instructor

准教授 岩倉 いずみ
後 水3

単位
Credit

2

関連するディプロマポリシー
Related Diploma Policy

時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society

到達目標
Target to be Reached

 受講生が身近な物質や生体を構成する物質について、その化学構造と性質を結びつけて理解し、その内容を論理的に説明できるようになることを目標とします。

授業内容
Course Content

 4年間の工学系教育の基礎として、主に、私達の体を構成している有機化合物を取り上げ、生体や食べ物(糖、アルコール、お酢など)、身近な物質(薬、プラスチック、石けんなど)を化学の目で理解することを目的にしています。

授業計画
Course Planning

1. ガイダンス
2. 分子の形はどのように決まるのか? 1 〜電子の軌道〜
3. 分子の形はどのように決まるのか? 2 〜共有結合と混成軌道〜
4. 脂肪族炭化水素
5. 不飽和炭化水素
6. アルコール、アルデヒド、ケトン
7. カルボン酸
8. エステルと油脂、石けん
9. 芳香族炭化水素
10. 芳香族炭化水素の誘導体、薬
11. 糖類、アミノ酸、タンパク質
12. 紫外線と有機化合物
13. 赤外線と有機化合物
14. まとめ

授業運営
Course Management

  スライドを用いて講義します。ガイダンスではシラバスに記載事項に関して確認し、身の回りの有機化合物に関しての概要を説明します。
2回目から14回目までは、それぞれのテーマの化合物に関して、合成方法・特徴・応用例を説明します。時には実体験を通して講義内容が楽しく理解できるようにします。15回目には、質疑応答の時間も設けます。

評価方法
Evaluation Method

 授業中に行う練習問題およびテスト(40%)と期末試験(60%)により成績評価を行う。

オフィスアワー
Office Hour (s)

 十分に理解できない講義内容については、授業の終了後に質問することが望ましい。居室は23-715。

参考書
Book (s) for Reference

竹内敬人ほか『化学I』[東京書籍]
竹内敬人ほか『化学II』[東京書籍]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.