授業科目

基礎化学
Basic Chemistry 

担当者

准教授 岩倉 いずみ
前 水3

単位

2

到達目標

 身の回りのすべてのものは、“化学物質”である。受講生が身の回りの物や現象を化学的に捉え、身の回りの物や現象に対する「なぜ?」を論理的に説明できるようになることを目指します。

授業内容

 私達や身の回りにある物質を形づくる"原子"という目で見ることができない粒子のことを理解し、その正確なイメージをつかむことで、様々な物質の性質や反応性等を理解します。この授業では、4年間の工学系教育の基礎として、身の回りの物や現象に対する「なぜ?」や「どのように変化するのか?」を自分で論理的に説明できるようになることを目標にしています。

授業計画

1. 物質の構成と性質
 1.1. 原子、電子配置、周期表と元素の性質の周期性(1回)
 1.2. 化学結合と物質の性質
   1) 電子軌道、イオン結合と塩の性質(1回)
   2) 共有結合、炭素の混成軌道、分子の形(1回)
   3) 極性分子と電気陰性度、水素結合(1回)
   4) ダイヤモンドと黒鉛、金属結合と金属の性質(1回)
 1.3. 粒子の相対質量と物質量
    原子量、分子量、式量、物質量(モル(mol))(1回)
2. 物質の状態
 2.1. 物質の三態、気体(1回)
 2.2. 溶液、溶解のしくみ、溶液の濃度(1回)
3. 物質の変化
 3.1. 化学反応式、熱化学方程式(1回)
 3.2. 反応の速さと反応次数(1回)
 3.3. 反応の速さを変える条件(1回)
 3.4. 化学平衡(1回)
 3.5. 酸と塩基、中和反応(1回)
 3.6. 酸化還元反応(1回)

授業運営

 スライドを用いて講義します。時には実体験を通して講義内容が楽しく理解できるようにします。

評価方法

 授業中に行う練習問題および小テスト(40%)と、期末試験(60%)により成績評価を行う。

オフィスアワー

 十分に理解できない講義内容については、授業の終了後に質問することが望ましい。居室は23-715。 

参考書

竹内敬人ほか『化学I』[東京書籍]
竹内敬人ほか『化学II』[東京書籍]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.