授業科目

基礎化学
Basic Chemistry 

担当者

教授   亀山 敦
前 月3

単位

2

到達目標

この授業では、物質に関する「なぜ、その性質をもっているのか?」や「どのように変化するのか?」を自分で論理的に説明できるようになることを目標にしています。

授業内容

化学は日常生活に密接に関係する学問です。しかし、化学の勉強は難しいという声を聞くことがあります。それは目で見ることができない粒子のことを理解し、その正確なイメージを持つ必要があるからです。例えば、金属が電気を通すことは誰でも知っていますが、なぜ電気を通すのかを理解するためには、原子、電子といった見えない粒子の構造と振る舞いを理解する必要があります。さらに分子やイオンについて勉強し、実際目にする物質の性質に結びつけるわけです。このシラバスの各項目は高校化学の教科書と同じように見えるでしょうが、学修の仕方は違います。この授業では、物質に関する「なぜ?」や「どのように変化するのか?」を自分で論理的に説明できるようになることを目標にしています。

授業計画

1. 物質の構成と性質
1.1. 原子、電子配置、周期表と元素の性質の周期性(1回)
1.2. 化学結合と物質の性質
1) 電子軌道、イオン結合と塩の性質(1回)
2) 共有結合、炭素の混成軌道、分子の形(1回)
3) ダイヤモンドと黒鉛、金属結合と金属の性質(1回)
1.3. 粒子の相対質量と物質量
   原子量、分子量、式量、物質量(モル(mol)(1回)
2. 物質の状態
2.1. 物質の三態の特徴(1回)
2.2. 気体の状態(1回)
2.3 液体の特徴 (1回)
3. 物質の変化
3.1. 化学反応式、熱化学方程式(1回)
3.2. 反応の速さと反応次数(1回)
3.3. 反応の速さを変える条件(1回)
3.4. 化学平衡(1回)
3.5. 酸と塩基、中和反応(1回)
3.6. まとめと質疑応答(1回)

授業運営

授業は上記の内容について順に行う。内容により関連資料や事例を示して理解しやすいようにする。また、必要に応じて適宜資料を配布する。重要な内容については、時々簡単なテストを行い、反復して学習するようにする。

評価方法

授業中に行う練習問題および小テスト(40%)と期末試験(60%)により成績評価を行う。

オフィスアワー

充分に理解できない講義内容については、授業の終了後に質問することが望ましい。平日の昼休み時間帯は教授室で質問をうける。教授室は23-709

参考書

多賀光彦、片岡正光,早野清治『教養の現代化学』[三共出版]
数研出版部編集部『もう一度読む数研の高校化学』[数研出版]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.