授業科目

基礎構造の設計及び演習
Structural Design of Building Foundation and Exercise

担当者

教授   荏本 孝久
後 土1-土2
講師   石原 哲哉
後 土1-土2

単位

3

到達目標

建築物を安全に支えるために必要な地盤と基礎構造との関連性について理解を深め、そのための設計理論と設計方法について習得することを目標とします。

授業内容

 本講義は、建築物の基礎構造の設計に関連する必要事項について講義し、合わせて演習を行い授業内容の理解を深めます。この授業では、基礎構造の設計に関連する基礎的な設計理論と具体的な設計計算手法を習得することを目標としています。また、本講義の履修にあたっては、基礎構造の設計に深く関連する地盤の性質や力学的特性についても基礎的な内容を講義します。

授業計画

 本講義では、以下に示す内容について講義と、合わせて演習を行います。
 授業は各回、概ね下記の内容で進めるよう予定していますが、授業内容の関連性に配慮して、若干前後する場合もあります。
また、次回の授業内容について毎回若干の説明を加える予定ですので、予習をしておくことが望ましいです。また、毎回の授業については、テキストや配布資料などに基づいて授業中に作成したノートなどにより復習をしておくことも重要です。

1.地盤の成り立ち
2.地盤の構成と性質
3.地盤調査
4.土質試験
5.土の強度
  せん断試験、モールの破壊規準
6.土圧理論
7.地下外壁・擁壁・山止めの設計
  設計規準、設計方法
8.地盤の支持力、支持力公式
9.直接基礎の設計
  設計規準、設計方法
10.地盤の応力とひずみ
11. 地盤の圧密 
12.基礎の沈下
  圧密沈下、地盤沈下
13.杭基礎の設計
  鉛直支持力、水平支持力
  設計規準、設計方法
14.地盤の液状化
  液状化現象と事例

 以上の内容について講義と演習を進め、講義内容の理解度を深めます。

授業運営

 授業の運営は、講義と演習を組み合わせて進め、基本的に重要な要点について期間中に中間テスト(1回予定)を行います。
 また、演習問題と同様な設計課題についてレポートしてもらいます。(3回予定)

評価方法

 上記の[授業運営]に記したように、定期テスト、中間テスト(1回予定)、レポートおよび演習による成績で評価します。
 最終評価は、学期末試験(50%)、中間テスト(30%)、レポートおよび演習(20%)のウェイトで評価します。学習目標としては70点以上の評価の取得が望まれます。

オフィスアワー

 質問等については、毎回の演習時間と授業終了時に随時受けつけます。また、火曜日の3限に研究室(8-55)で受け付けます。

使用書

 適宜プリント配布。

参考書

『建築基礎構造設計指針』[日本建築学会]
『建築基礎構造』[共立出版]
※関数電卓が必要です。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.