授業科目

骨組の力学及び演習
Structural Mechanics  and Exercise

担当者

教授   荏本 孝久
後 火2-水2
教授   島崎 和司
後 火2-水2
助教   犬伏 徹志
後 火2-水2

単位

3

到達目標

 不静定骨組に生じる力を求めるためには、力のつり合い条件のほかに変形の適合条件を導入する必要がある。本講義の到達目標は、受講生が、エネルギの釣り合いなどを用いた変形の算定法を理解し、力の流れと、変形状態を理解し、不静定骨組、特にラーメン構造に生じる力(軸力、せん断力、曲げモーメント)の求め方、及び構造物の終局耐力についての考え方を修得することである。

授業内容

 本授業では、建築の力学、「骨組の力学Ⅰ及び演習」で習った基本的な事項を元に、下記の使用書(テキスト)に従って、実際の建物の形状(不静定骨組)を対象として、その建物を支える柱や梁の構造部材に生じる力を算定するための原理と、具体的な算定法を講義と演習で学修する。講義日の各回に宿題を課すので、演習日に提出のこと。又返却した演習については、HPに掲載される解答を元に復習を行うこと。
なお、予習復習合わせて各日4.0時間の自己学習を想定しており、復習については、返却された演習を再確認することが必要である。

授業計画

  あらかじめ「建築の力学及び演習」、「骨組の力学Ⅰ及び演習」を履修していることを前提として進めるので、それらを履修しておくことが必要である。毎回の授業のパワーポイントはあらかじめHPに掲載されるので、その内容を見て、使用書の該当ページを予習しておくと効果的である。演習においては、前日の講義内容を復習し、与えられた宿題を行って備えるとともに、返却された演習について、改めて見直してみることが効果的である。
 以下の順に講義と演習を進める。
1 ガイダンス、骨組みの力学Iの復習
2 断面の性質、部材の変形、Φ-θ-δ関係
3 エネルギー法  外部仕事と内部仕事
4 仮想仕事法による構造物の変形
5 不静定構造物
6 たわみ角法Ⅰ、基礎理論の誘導
7 たわみ角法Ⅱ、構造物への適用
8 たわみ角法Ⅲ&中間試験
9 中間試験解説&たわみ角法Ⅲ
10 たわみ角法から固定法へ
11 固定法
12 D値法
13 断面の塑性解析
14 骨組みの塑性解析、総復習

授業運営

 火曜2限に講義を、水曜2限に講義内容についての演習を行う。

評価方法

 期末定期試験、演習時に行う中間試験、出席しての演習、講義時の小テストの総合評価によって成績を評価する。配分は、演習(小テストを含む):50%(出席しないと評価しない)、中間試験:25%、期末試験:25%。講義、演習とも80%以上の出席がないと総合評価の対象としない。

オフィスアワー

 木曜日3限12-35室
 メールアドレス:shimazaki@kanagawa-u.ac.jp

使用書

坂田弘安、島崎和司『建築学テキスト 建築構造力学Ⅰ』[学芸出版]2009年
坂田弘安、島崎和司『建築学テキスト 建築構造力学Ⅱ』[学芸出版]2009年

参考書

谷資信、杉山英男『建築構造力学演習1』[オーム社]2002年
谷資信、杉山英男『建築構造力学演習2』[オーム社]2002年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.