※お気に入りに登録しました。

授業科目

設計製図
Architectural Drawing 

担当者

教授   中井 邦夫
後 火3-火4-火5
助教   上野 正也
後 火3-火4-火5
助教   須崎 文代
後 火3-火4-火5
講師   井原 佳代
後 火3-火4-火5
講師   鈴木 信弘
後 火3-火4-火5

単位

3

到達目標

本授業の到達目標は、主に木構造を主とする小規模の住宅建築について1)建築の製図及び設計に関する基礎、基本を学び修得すること、2)空間および立体の把握力と表現力を養うこと、3)図面や模型および言葉で建築の設計内容を表現する力を養うこと、4)計画、構造、設備などを考慮し総合的な建築の構想力を養うこと、等を通して、建築設計製図の基礎的な知識と技術を身につけることである。

授業内容

主に木構造を主とする小規模の住宅建築について、設計および製図の方法の基礎的演習を行う。
主要な内容は以下の通り。
1.実例の図面トレースにより、線の使い分け方、平面図・立面図などの製図方法を習得する。
2.実例の模型制作を通して、空間および立体の把握、および木構造の基本的な構造・構法を理解する。
3.設計課題に基づき、自ら作品を構想、図面および模型の製作、発表を行うことにより、総合的な設計能力およびプレゼンテーション能力の向上を目指す。
4.実際の建築作品事例のスライドや、設計実務の専門家である講師のレクチャーなどを通して、建築設計の職能について理解を深める。
授業に取り組むにあたっては、普段から建築とは何かを考えることが重要である。日常的に身の回りの建築を観察したり、さまざまな建築を書籍や雑誌などで知ること、有名な建築を実際に訪れ体験すること、建築に関する書籍を読むことなどを通して、建築がどのような意図で、どのような技術を用いて建てられているかに関心をもち、調べるよう心がけることが求められる。

授業計画

 主として次のような課題を行う予定である。ただし、課題内容や課題構成は変更されることがある。
1)ガイダンス、トレース課題1説明、作業、提出
2)トレース課題2説明、作業、提出
3)トレース課題3説明、作業
4)トレース課題3作業、中間チェック
5)トレース課題3提出、模型課題説明、作業
6)模型課題説明、作業
7)模型課題提出、トレース課題4説明、作業
8)トレース課題4作業、中間チェック
9)トレース課題4提出、設計課題説明、作業
10)設計課題エスキスチェック1
11)設計課題エスキスチェック2
12)設計課題中間提出、講評、エスキスチェック3
13)設計課題エスキスチェック4
14)設計課題最終提出、講評、ポートフォリオ提出

授業運営

各人の製図台を定め、授業時間中はそれを使って作業する。またスライドなどを使って設計に関するレクチャーも適宜行う。
13時から17時50分までの3時限を通して授業を進める。この間、課題の説明、作業の進め方の説明、レクチャーなどを適宜組み込むが、時間の進行について予告しながら進める。
設計課題については、学生による作品発表会により質疑討論および講評を行う。
授業の最後に各自の作品記録であるポートフォリオをそれぞれ作成し提出する。
各自、以下の道具類を用意し、授業には必ず持参すること。
・製図道具一式:製図板(A2サイズ以上)、製図用芯ホルダー、芯、芯研器、字消し板、三角スケール、三角定規、ドラフティングテープなど
・模型制作道具一式:カッター、カッターマット、金尺、スコヤ、接着剤、両面テープなど
授業時間以外にも各自で作業を行うことが求められる。

評価方法

下記項目を総合的に判断し最終評価を行う。
・課題ごとの提出作品評価…担当教員全員の合議によりA~Dの評価を行う。
・設計課題のエスキスチェック内容…回数と内容により評価する。
・その他、課題への取組み方、清掃当番や備品管理などへの参加など、授業全般に対する姿勢。
課題ごとの採点結果は作品に記入して返却する。また課題ごとの成績分布、評価の基準などについてはその都度説明する。

オフィスアワー

質問などは授業中か終了直後に受け付ける。その他は中井研究室(8‐67A)で受付ける(火曜6限)。

使用書

貴志雅樹(監修)、松本明、横山天心(著)『建築 設計 製図』[学芸出版社]2015
『木造の詳細1 構造編』新訂三版[彰国社]2008
日本建築学会『構造用教材』改訂第3版[丸善]2014
篠原一男『住宅論』[鹿島出版会]SD選書1970

参考書

日本建築学会『コンパクト建築設計資料集成「住居」』第2版[丸善]2006
高木幹朗ほか『新・設計基礎(計画・製図・模型・写真)』[市ヶ谷出版社(建築計画・設計シリーズ42)]2005
坂本一成ほか『建築構成学 建築デザインの方法』[実教出版]2012
そのほか、各建築雑誌(「新建築」、「住宅特集」、「住宅建築」など)

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.