授業科目

建築デザイン
Architectural Design 

担当者

教授   曽我部 昌史
後 木3-木4-木5
助教   吉岡 寛之
後 木3-木4-木5
講師   岡村 晶義
後 木3-木4-木5
講師   佐々木 龍郎
後 木3-木4-木5
講師   渡瀬 正記
後 木3-木4-木5

単位

3

到達目標

本科目の到達目標は、受講生が中規模~大規模の建築設計を通し、総合的な建築デザインの手法を習得することである。具体的には、(1)建築的アイデアの組み立て方、(2)動線計画、構造計画、環境的視点での考察など、検討すべき問題の把握方法、(3)複合的な課題への対応を行いながら進める設計、(4)図面や模型などを用いたプレゼンテーションの手法、などの習得を目標とする。

授業内容

二つの建築設計課題を行う。それぞれの課題において、(1)事例分析、敷地調査、ボリューム把握(模型)など課題の整理、(2)具体的な建築計画の検討(エスキスチェック)、(3)図面表現、模型制作、口頭での発表などプレゼンテーション、の3段階がある。それぞれの課題において、中間提出と最終提出に対して講評会を行う。

授業計画

二つの課題を以下のように進める。()内に記載してあることは、それぞれの授業の前に準備(予習)しておくべき標準的な内容である。各自の進捗内容や受けた指導に合わせ、より多くの検討を行っておくことが望ましい。エスキス1までの間に、各自周辺模型を用意する。また、各回のエスキスの後には、指摘された検討項目を整理し(復習)、設計に生かすこと。都市デザイン論での講義内容の中には本科目に関連する内容が含まれるので、 合わせて受講することが望ましい。

第一課題:文化観光施設を中心とした複合施設
第二課題:今日的都市居住を中心とした複合施設

1 :ガイダンス。第一課題説明。敷地調査。
2 :敷地・課題分析提出およびエスキス1(事例研究、敷地調査の検討、計画案のスケッチ)
3 :エスキス2(ゾーニングとボリュームチェック。平面構成、断面構成の検討)
4 :中間提出・中間講評(計画案のスケッチ、エスキス模型)
5 :エスキス3(平面図、断面図のスケッチ。エスキス模型)
6 :エスキス4(最終提出物の計画。平面図、断面図、模型など、提出用の制作物)
7 :第一課題提出・講評会/第二課題の課題説明
8 :敷地・課題分析提出およびエスキス1(事例研究、敷地調査の検討、計画案のスケッチ)
9 :エスキス2(ゾーニングとボリュームチェック。平面構成、断面構成の検討)
10:中間提出・中間講評1(計画案のスケッチ、エスキス模型)
11:エスキス3(平面図、断面図のスケッチ。エスキス模型)
12:エスキス4(最終提出物の計画。平面図、断面図、模型など、提出用の制作物)
13:中間提出・中間講評2(最終提出物と同等のものを提出)
14:第二課題提出・講評会

授業運営

各回のエスキスでは、数名の学生のエスキスを元に全担当教員による指導の後、担当教員ごとのグループに分けて全学生への指導を行う。受講者は毎回必ず各自のスケッチなどを用意し、エスキスチェックを受けなければならない。

評価方法

各課題の提出物(全部で7回)の評価を中心とし、各回のエスキスチェックでの検討状況などを鑑み総合評価をまとめる。
各提出物の評価の割合は、第一課題の敷地・課題分析=5%、第一課題の中間提出=10%、第一課題の最終提出=30%、第二課題の敷地・課題分析=5%、第二課題の中間提出1=10%、第二課題の中間提出2=20%、第二課題の最終提出20%。

オフィスアワー

木曜日昼休み 曽我部研究室

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.