授業科目

建築デザイン
Architectural Design 

担当者

教授   石田 敏明
前 木3-木4-木5
教授   曽我部 昌史
前 木3-木4-木5
講師   木島 千嘉
前 木3-木4-木5
講師   八島 正年
前 木3-木4-木5

単位

3

到達目標

場所に即し、積層した複合用途の建築と低層建築などの複雑な社会空間構成を持つ公的建築の機能的空間的要求を理解し、その基本計画ができること。

授業内容

本講は演習を主にしたものであり、要求する設計課題に対し、各自が設計製図作品を制作する。断面構成の可能性を意識した積層型建築や水平方向の広がりのある低層建築の長期課題を行う。
それぞれの建築のタイプについて事例をよく理解し、建築計画の考え方や利用者の立場に立った使われ方について理解し、敷地・環境の特性を読み込み、機能を満たし、快適で美しい環境と空間を構想する。

授業計画

01.授業全般のガイダンスと第1設計課題説明(複合商業施設)と事例研究、計画学についての講述
02.計画地調査レポートの発表と周辺環境の読み取り、や施設規模や施設機能について
03.設計エスキースチェック1(具体的な案について、施設規模や施設機能をチェックし、平面計画・断面計画・立面計画について設計指導を行う)
04.設計エスキースチェック2(意匠・構造・設備等についての整合性)
05.設計エスキースチェック3(課題の中間提出と中間発表についての講評)
06.設計エスキースチェック4(プレゼンテーションについて)
07.設計課題提出と発表課題案についての講評および第2課題説明
08.第2設計課題(教育施設)の計画地調査と事例研究、計画学についての講述
09.計画地調査レポートの発表と周辺環境の読み取り、や施設規模や施設機能について
10.設計エスキースチェック1(具体的な案について、施設規模や施設機能をチェックし、設計指導を行う)
11.設計エスキースチェック2(意匠・構造・設備等についての整合性)
12.設計エスキースチェック3(課題の中間提出と中間発表についての講評)
13.設計エスキースチェック4(プレゼンテーションについて)
14.第2設計課題提出と発表課題案についての講評および授業の総評

授業運営

この授業は同日に行われる「建築設計論」の講義によって補われるので
同時に履修することが望ましい。
設計過程では、敷地調査や敷地模型共同制作の過程があり、これらを経て各自の制作過程に入る。
個別に指導を行うのでスケッチや模型の提示、エスキス帳の充実が求められる。これら指導討論はグループごとで行うので、他者への指導にも参加し、自分への指導として学習体験する。
毎回、出席とエスキースチェックを行う。

評価方法

毎週行うエスキスやスタディ模型指導における提出物および最終提出物を採点する。(中間提出物1/3最終作品およびプレゼンテーション2/3)
評価基準は提出物の的確性・独自性・構想力・造形力・表現力について全指導教員の協議により決定する。

オフィスアワー

授業日の直後、研究室にて相談や質問に応じる。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.