授業科目

建築都市防災
Disaster Prevention Engineering 

担当者

教授   荏本 孝久
後 火1
講師   加藤 孝明
後 火1

単位

2

到達目標

多くの人口・施設と情報などが集積する現代の都市構造は複雑で、災害の様相も自然災害に限らず多岐に亘ることが考えられます。また、災害の連鎖構造も大きな課題を内包しています。これらの都市型災害に対して建築学的な観点からの防災・減災の考え方や仕組みについて習得します。

授業内容

 都市防災が対象とする災害は自然災害や人為災害などを含めて極めて多岐多様です。都市が大きく成長するとともに災害の種類、規模と危険性は増加します。災害の要因は数多く、その原因とそれを受ける側の地域の被災要因も空間・時間・階層など多岐にわたります。特に、近年の都市災害としては火災、豪雨、斜面崩壊など建築や都市防災に深く関係する災害があります。これらの災害のメカニズムや防災対策について説明します。また、都市防災の観点から災害全般に共通した災害対応の概念として都市防災のシステム化が必要です。本講義では、自然災害を対象として、これらの災害に対して事前対応、応急対応、事後対応やハードな対応とソフトな対応など、やや広い視点から有効な都市防災システムの考え方について講義します。この授業では、都市災害のメカニズムの理解を深め、安全で快適な都市を災害から防御するための基本的な考え方と手法について知識を深めることを目標とします。

授業計画

 本講義では、以下に示す内容について講義を行います。

1.災害の種類と都市防災の基本
2.災害の事例
3.災害のメカニズム
4.災害に対する危険度評価
5.建築火災と防災
6.都市大火と防災
7.気象災害と防災
8.洪水災害と防災
9.斜面崩壊と防災
10.被害予測手法
11.ハザードマップ
12.地域防災計画
13.都市防災のシステム化
14.都市防災システムの事例

 以上の内容について講義を進め、実際の都市防災システムの実例を見学したり体験する機会を設け授業内容の理解度を深めます。

授業運営

 授業の運営は、講義において適宜関連するスライドやビデオを用いて説明を加えて進め、基本的に重要な要点について、期間中にレポート(3回程度)の提出を課します。

評価方法

 上記の[授業運営]に記したように、3回程度のレポートの評価と学期末試験による成績で評価します。最終評価は、提出されたレポート評価(40%)、学期末試験(60%)のウェイトで総合評価します。学習目標は70点以上の評価が望まれます。

オフィスアワー

 質問等については、毎回の授業終了時に受け付けます。また、火曜日の3限に研究室(8-55)で受け付けます。

使用書

 適宜資料配布

参考書

都市防災・実務ハンドブック編集委員会『都市防災・実務ハンドブック-地震防災編-』[ぎょうせい]
菅原進一『都市の大火と防火計画』[共立出版]
『日本列島ハザードマップ』[朝日新聞社]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.