授業科目

建築の設備
Introduction to Building Services

担当者

教授   奥山 博康
後 金3
助教   吉浦 温雅
後 金3

単位

2

到達目標

 建築学における意匠・構造・設備の3分野の中で、建築設備は主として建築の機能面を受け持ち、建物内外の人間の生活・活動環境のみならず建物自体の健康と永い命を保つ上で、近年、その比重を著しく高めている。建築設備は水環境設備、温熱・空気環境設備、光・音・通信設備、防災設備など多様に亘る。本講義の到達目標は、受講生が、建築設備について建築基本計画上重要な事項を把握し、活用できる能力を身につけることである。

授業内容

 本講義は、高学年次に開講される建築設備各論への橋渡しを主旨として、建築設備の全体像、各設備の概要・目的・機能・特徴などに関して具体的に講義する。すなわち、指定教材上の画像に基づき、中規模建築の建築設備に重点をおいて随時映像等を交えながら授業を展開する。高度な設備システムや理論は高学年次の建築設備各論に委ね、ここでは扱わない。

授業計画

 各回の講義内容は次のように予定しているが、時間の関係で若干前後することもある。予習として、予め指定教材の図表に目を通した上で出席していることが前提である。また、復習としては、講義中に重要ポイントとして提示された内容に重点を置いて指定教材の図表を考察し、さらに参考書等を調べることが重要である。

 1.建築と設備
  (1)ガイダンス、建築と建築設備
  (2)建築・建築設備の計画
 2.建築設備のいろいろ
  (3)断熱・遮熱・気密、ファサード・エンジニアリング、LCC
  (4)冷暖房負荷、空調機、エアフィルタ
  (5)空調方式
  (6)熱源方式、ボイラー、冷凍機、ヒートポンプ、冷却塔
  (7)放熱器、水・空気搬送システム
  (8)換気設備、全熱交換機、ビルオートメーション、中央監視設備
  (9)衛生器具、給水設備、給湯設備、ポンプ
  (10)排水通気設備、し尿浄化設備、ガス設備、ごみ処理設備
  (11)受変電設備、非常電源、配電方式、避雷針
  (12)照明器具、システム天井、BA・音声・映像情報設備、防災・警報システム
  (13)消火設備、排煙設備、誘導設備、防犯設備、エレベータ・エスカレータ設備
 3.設備の応用
  (14)住宅と省エネオフィスビルの設備例,コンサートホールの設備例

授業運営

 PC接続プロジェクタ投影画像により具体的に解説を進める。指定教材は図表が主である。授業では、その意義や背景・内容について解説する。学生のノートやメモ作成による指定教材の補完を意図している。なお、講義中の私語、飲食及び無用な出入りは厳禁。また、必ず携帯電話の電源を切ること(マナーモード不可)。違反者には直ちに退場を命じ、指示・命令に従えない者は定期試験から減点する。さらに、講義中にメールを打つなど特に悪質な違反者には単位を授与しない。以上のルールに納得できない者は履修しないこと。

評価方法

 評価は授業時間中の小テストおよび期末試験により行う。小テスト20%および定期試験80%として総合評価する。原則として出席が80%に満たない場合には評価の対象としない。

オフィスアワー

 質問は、講義中でも講義直後でも受け付けるが、これ以外では、水曜と金曜日と土曜を除き12:00~13:00に8号館-56号室でも受け付ける。さらにメールでも受け付ける。

使用書

日本建築学会『建築環境工学用教材 設備編』第3版第1刷[丸善]2011

参考書

田中俊六・他『最新建築設備工学[改訂版]』改訂版第8刷[井上書院]2017

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.