授業科目

建築の構造
Structure in Architecture

担当者

教授   藤田 正則
前 火2

単位

2

到達目標

本講義の到達目標は、受講生が、建築物の構造力学,構造設計の立場から力の流れとかたちについて学ぶことである。
要求される建築空間を適切な材料と適切な構造システムの選択によって実現するのが構造設計の大きな目的である。本講義では、建築の力の流れとかたちについて着目し,建築物に用いられる材料とその性質、建築構造の仕組みと形式、各種建築材料を用いた構造の特徴と強さ、建築物の安全や機能を確保するための方法等、建築構造に対する基本知識を概説する。

授業内容

 この講義では、下記の使用書に沿って、建築構造の基本を理解させる。受講生は、授業に先立つ予習、授業後の復習を必ずすること。復習ができているか、時々、小テストで確認する。

授業計画

01.建築構造のガイダンス
02.梁と柱
03.トラス
04.ラーメン構造
05.アーチ,ヴォールト
06.ドーム・シェル
07.空間構造とビル構造の事例に対する感想(レポート1)
08.スペースフレーム
09.ケーブル構造
10.膜構造
11.タワーと超高層建築
12.耐震・免震・制震
13.建築構造の役割に関する意見(レポート2)
14.まとめ

授業運営

使用書に沿って、講義を進める。必要に応じてプリントを配付し、スライドなどビジュアルな資料も併せて用いる。

評価方法

 期末試験(80%)、およびレポート2回(20%)の総合で評価する。

オフィスアワー

 質問などは授業中あるいは授業終了直後に受け付ける。研究室(8-51)においても随時受け付ける。

使用書

川口衛・安部優・松谷宥彦・川崎一雄『建築構造のしくみ 第二版 力の流れとかたち』第2版[彰国社]2014年

参考書

日本建築学会編『建築構造パースペクティブ』[技報堂]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.