授業科目

建築環境概論
Fundamentals of Built Environment

担当者

教授   岩本 靜男
前 金3
教授   安田 洋介
前 金3

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、建築空間における人間の生活や活動に対して、安全性、健康性、衛生性、快適性などに深く関わる音、光、空気、温熱、水などの居住環境要素に関する基礎事項を受講生が身につけることである。

授業内容

 建築計画および建築設備計画においては、建築空間における人間の生活や活動に対して、安全性、健康性、衛生性、快適性などに深く関わる音、光、空気、温熱、水などの居住環境要素の考慮が欠かせない。建築環境計画の手法はパッシブ手法(建築計画原論)とアクティブ手法(建築設備)に大別できるが、本講義は前者の内容における基礎事項の修得を主たる目的とする。さらに専門的な内容については、2年次の「建築環境工学I及び演習」並びに「建築環境工学II及び演習」において、具体的な課題(計画、設計、計算、シミュレーションなど)に取組みながら理解を深め、応用力を養うことになる。この2年次の2科目では本講義内容が十分理解できていること(達成度70%程度)を前提として授業が実施されることに留意されたい。

授業計画

 本講義は教科書に沿って、多少章の順序を入れ換えて進めていく。時間の関係で内容が前後する場合もある。
 なお、予習・復習を合わせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。予習としては、①各項目の()内に該当する教科書の章を記すので授業前に教科書を読んでおくこと、②疑問点があればあらかじめ調べておくこと、が重要である。復習としては、①配布プリントやノートをよく復習し、②定期試験に備えて自筆ノートを充実させること、が不可欠である。また、DotCampusで予習・復習用教材を適宜提供する予定なので、これらも上手に活用すること。

 1.ガイダンス、建築学の概要と本科目の位置づけ(第1章)
 2.建築環境工学の基礎知識(第1章)
 3.熱環境(第6章・第7章)
  (1)建築伝熱(熱伝達)
  (2)建築伝熱 (定常伝熱と熱貫流)
  (3)湿気と結露
 4.空気環境(第5章)
 5.快適条件(第2章)
 6.光環境(第3章・第4章)
  (1)日照・日射
  (2)視覚・明視・採光
  (3)照明・色彩
 7.音環境(第8章)
  (1)音の基礎
  (2)室内音響
  (3)遮音
  (4)音響材料・構造

授業運営

 使用教科書は2年次の「建築環境工学Ⅰ及び演習」、「建築環境工学Ⅱ及び演習」にも使う。そこでは専門的・具体的・思索的内容が中心となる。本講義では、教科書の内容の中で基本事項に限定し、授業計画の項目1-5は岩本教授、6-7は安田教授が分担して講義を行う。期末試験では自筆ノート参照可とするので、学生は教科書を補完するノートの作成が重要である。

評価方法

 評価は講義時間中に行う小レポート(20%)と期末試験(80%)による。

オフィスアワー

 質問等は授業終了時に受け付ける。また、1-5はその担当者岩本教授が木曜日12:00~13:00 12-34室にて質問に応じる。その他の時間帯でも在室中は随時受け付ける。6-7については、安田教授が火曜日12:00~13:00 6-407室にて質問に応じる。その他の時間帯でも在室中は随時受け付ける。

使用書

田中俊六ほか『最新建築環境工学』改訂4版第1刷[井上書院]2014年2月10日

参考書

授業中に適宜紹介する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.