授業科目

経営工学実験実習
Laboratory Works in Industrial Engineering and Management 

担当者

教授   石井 信明
後 火3-火4
教授   片桐 英樹
後 火3-火4
教授   窪谷 浩人
後 火3-火4
教授   平井 裕久
後 火3-火4
教授   松浦 春樹
後 火3-火4
准教授 佐藤 公俊
後 火3-火4
准教授 高野倉 雅人
後 火3-火4
准教授 松本 光広
後 火3-火4
助教   荻谷 光晴
後 火3-火4
助教   佐藤 圭介
後 火3-火4
助教   藤江 遼
後 火3-火4
講師   木 聖
後 火3-火4
講師   光山 嘉俊
後 火3-火4

単位

2

到達目標

本実験実習によって、講義で学習した理論やものづくりの基礎を実際に応用し、受講生は①経営工学の理論と実際を統合でき、②問題解決能力を伸ばすことができる。

授業内容

実験実習Iの内容を踏まえて、実験実習Ⅱでは経営工学技術者に必要なデータ解析技法を学ぶとともに、4つの科目群に対応したテーマについて学ぶ。はじめに経営管理の基礎となる「SAP実習」、「日程計画」と「財務分析」、生産システム工学の基礎となる「自動倉庫」、「オペレーションズ・リサーチ」と「生産スケジューリング」について実験や実習を通して学び、その基本となる原理を理解する。つぎに人間・環境への配慮に関して「生体情報による製品機能評価」で人間・環境要因の評価法を学習する。さらに「CAD実習」と「メカニズムの解析と設計」で、三次元CADを利用したものづくりへの応用を理解する。実験実習テーマは講義で受講していない内容も含まれるため、基本となる内容を資料とあわせて解説しながら実験を進める。

授業計画

実験実習Ⅱのテーマは次のとおりである。予習としては、実験指導書をよく読んでくること。また、しっかりとレポートを作成すること。これが復習を兼ねる。
1. ガイダンス
2. F-1 SAP実習
3. F-2 日程計画
4. F-3 財務分析
5. F-4 自動倉庫
6. F-5 オペレーションズ・リサーチ
7. F-6 生産スケジューリング(フローショップ)
8. F-7 生産スケジューリング(ジョブショップ)
9. F-8 生体情報による製品機能評価(1)生体情報取得と一元配置分散分析
10. F-9 生体情報による製品機能評価(2)二元配置分散分析と交互作用
11. F-10 CAD実習
12. F-11 メカニズムの解析と設計(1)解析
13. F-12 メカニズムの解析と設計(2)設計・製作
14. まとめと総括

授業運営

1.班編成でおこなう。
2.あらかじめ実験指導書をよく読んでくること。原則として自分自身で実験実習ができるように予習しておくこと。
3.レポートは指定された日時までに提出すること。

評価方法

毎回の実験実習テーマに関するレポートの内容で評価する。なお、指定された期限を厳守すること。期限を過ぎたレポートは原則として受けとらない。また、一つでもレポートの提出がない場合は不合格とする。

オフィスアワー

授業終了後、その場で質問等を受け付ける。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.