授業科目

有機化学
Organic Chemistry 

担当者

教授   岡田 正弘
後 木2
教授   横澤 勉
後 木2

単位

2

到達目標

本講義の到達目標は、受講生が、1.芳香族性を理解し、芳香族化合物の反応の基礎知識を身につけ、2.共鳴理論を理解し、活用できるようにし、3.ラジカル反応および有機金属を用いる反応の基礎知識を身につけられることである。

授業内容

本講義では有機化学Ⅰと同様の考え方に基づいて、有機化学Ⅰで講義しない他の「官能基」ごとに特徴的な反応や化学現象について講義する。

授業計画

各回の講義内容は、次のように予定している。前回指定したテキスト範囲を読んだ上で出席していることを前提に講義するので、予習すること。
復習としては、テキスト中の問題を解くことを勧める。なお、予習・復習あわせて各回あたり約4時間の自己学習を想定している。
 1. ガイダンス(シラバスの記載事項の確認)、ラジカル反応① 結合解離とエネルギーとラジカルの相対的安定性
 2. ラジカル反応② ラジカル反応の反応機構
 3. アルコールとエーテル① 構造と命名法,性質
 4. アルコールとエーテル② アルケンからアルコールの合成
 5. アルコールとエーテル③ アルコールの反応とエーテルの合成
 6. カルボニル化合物の還元によるアルコールの合成
 7. アルコールの酸化によるアルデヒド、ケトン、カルボン酸の合成
 8. 有機リチウムと有機マグネシウム化合物の反応
 9. 共役不飽和系① ラジカル、イオンの共鳴構造(電子の非局在化)
10. 共役不飽和系② 共役ジエンの安定性と反応性
11. 芳香族化合物① ベンゼン誘導体の命名法,ベンゼンの安定性と反応性
12. 芳香族化合物② ベンゼンの構造の近代理論とヒュッケル則、その他の芳香族化合物
13. 芳香族化合物③ 芳香族求電子置換反応(ハロゲン化、ニトロ化、スルホン化、Friedel-Craftsアルキル化とアシル化)
14. 芳香族化合物④ 芳香族化合物の反応性と配向性

授業運営

講義計画の順序にほぼ沿って講義を進めていく。
高校で学ぶ有機化学は理屈もなく単に暗記することが多いが、この講義では化学現象が電気陰性度や共鳴、化合物の立体構造に基づいて論理的に説明できることを強調して講義する。
講義期間中に数回の小テストを行なう。

評価方法

期末試験80%、小テスト20%によって成績を評価する。なお、小テストにおいて受験生の誤りが多かった点等について、授業における解説や宿題を課するので、今後の学習に活用して欲しい。

オフィスアワー

月~水曜日の5時限に教授室(岡田:23-727、横澤:23-719)にて行う。講義内容についての質問等は授業終了後にも受付ける。

使用書

T. W. G. Solomons, C. B. Fryhle『ソロモンの新有機化学・上』第9版[廣川書店]

参考書

松本正勝、山田真二、横沢勉『有機化学反応』[朝倉書店]

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.