授業科目

電子回路
Electronic Circuits 

担当者

教授   島 健
前 月3

単位

2

到達目標

 本講義の到達目標は、受講生が、①フィルター回路を含む電子回路の伝達関数の周波数領域での解析方法、②正帰還と負帰還の違い、③回路の安定性解析、④発振回路、⑤変復調回路等、電子回路の様々な応用の場面で遭遇する解析の手法を学ぶことで、応用する力を身につけることである。
また、電気電子情報工学科のカリキュラムポリシーに従い、電子の専門分野の科目について基礎から学ぶことができるようカリキュラムを編成しており、本科目の履修にあたっては、電気回路I、電気回路II、基礎電子物性工学、電子回路Iを学んでいることが望ましい。また、本講義により、集積回路工学等の各科目を学ぶための基礎を身につけることも目標としているので、これらの科目を履修しようと計画している学生は、できるだけ本科目を先に履修することが望ましい。

授業内容

 電子回路の発展の歴史は、利用することのできる能動素子の発明の歴史と軌を一にしている。古くは真空管の時代まで遡ることのできるほど長い歴史を有する学問分野である。エジソン(Edison1883)、フレミング(Fleming1904)、リー(Lee De Forest1906)らによる真空管の発明によりさまざまな真空管回路が考案され、半導体素子の発明により半導体回路として引き継がれるとともに新たな回路が考案され、今日の(IC、LSI、VLSIなどと略称されている)集積回路としてたゆみない発展を続けている。電子回路IIでは、電子回路Iで学んだ知識を基に、電子回路の応用について、①フィルター回路の解析、②帰還と発振、③情報通信とアナログ電子回路という順序で講義する。
 尚、本科目の講義内容は電気主任技術者資格取得に要する技術項目を含む。

授業計画

 予習は、2時間をめどに毎週講義予定に記載されている、技術用語について調べておくこと。復習は、2時間をめどに講義内容のノートを読み返し、式の導出等で不明な点が無いか、わからない事項はないか、わからない場合はどこがわからないか、確認しておくこと。

  1.シラバス記載の事項についての確認、および電子回路Iの復習。複素数と電子回路解析、非線形素子モデル
  2.フィルター(その1):極とゼロ点
  3.フィルター(その2):双二次フィルター
  4.フィルター(その3):高次フィルター
  5.帰還増幅回路(その1):正帰還と負帰還
  6.帰還増幅回路(その2):帰還の効果
  7.帰還増幅回路(その3):周波数特性と安定性
  8.発振回路(その1):コルピッツとハートレイの発振回路
  9.発振回路(その2):ウィーンブリッジ発振回路、弛張発振回路
 10.情報通信機器(その1):製造上の課題
 11.情報通信機器(その2):アンプのダイナミックレンジと雑音指数
 12.情報通信機器(その3):ミキサー
 13.情報通信機器(その4):変復調方式
 14.情報通信機器(その5):インピーダンスマッチングと相互変調ひずみ

授業運営

 講義はすべて講義形式により実施する。講義は使用書並びに第一回目の講義で配布する関連資料を基に実施する。講義は板書で行う。毎回の講義の途中で、理解度を確認するための演習を実施する。

評価方法

 期末テストにより評価する。期末試験の範囲は、配布資料および下記使用書の第5章から第7章。合格点は授業中に実施した演習の内容を正確に理解しているか、演習の内容の応用ができるかにより与えられる。出席状況は加味しない。なお、定期試験採点後に各設問ごとに多かった誤りについて「dotCanpus」に掲載するので今後の学習に活用してください。

オフィスアワー

 火曜日4時限。23号館614号室(内線3802)。メールによる質問は随時受け付けるが、返信は「dotCanpus」を通じて受講生に周知する。
Email: shima@kanagawa-u.ac.jp

使用書

杉本泰博、島健、谷本洋『電子回路の講義と演習』第1版[日新出版株式会社]2003年

参考書

藤井信生『アナログ電子回路の基礎』別出版社からの再版[オーム社]2014年

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.