授業科目

卒業研究
Graduation Thesis

担当者

教授   石田 敏明
通 時間外
教授   岩田 衛
通 時間外
教授   岩本 靜男
通 時間外
教授   内田 青蔵
通 時間外
教授   荏本 孝久
通 時間外
教授   奥山 博康
通 時間外
教授   島崎 和司
通 時間外
教授   曽我部 昌史
通 時間外
教授   趙 衍剛
通 時間外
教授   中井 邦夫
通 時間外
教授   安田 洋介
通 時間外
教授   山家 京子
通 時間外
助教   上野 正也
通 時間外
助教   齊藤 隆典
通 時間外
助教   白井 佑樹
通 時間外
助教   須崎 文代
通 時間外
助教   傳法谷 郁乃
通 時間外
助教   吉浦 温雅
通 時間外
助教   吉岡 寛之
通 時間外

単位

6

学習の教育目標

建築:D、F、G

到達目標

 建築学科における学習の集大成として、受講生は、専門領域に関連する研究テーマに取組み、研究の企画・計画、調査・実験、分析・解析、考察、結論といった一連の内容を計画的に進め、成果をまとめプレゼンテーションを行い、効果的なコミュニケーションの能力を育成する総合的なプロセスを習得する。

授業内容

 卒業研究は、最終年次の1年間を通して、各自が選定した研究テーマについて自主的に行う研究活動である。3年次までに修得した知識・能力を基にして、研究計画を立案し、文献やフィールド調査、実験・製図を行い、研究目的の達成を図るものである。最終的に、論文または設計図書としてまとめ、卒業研究発表会で発表する。これにより、専攻分野の深い設計知識を得るのみならず、考察力、プレゼンテーション能力などが育成され、大学の教育課程において最も重要な科目として位置づけられる。
 なお、卒業研究には卒業設計と卒業論文とがあり、そのどちらかを選択し、担当教員の指導を受ける。卒業設計は、各自が設定した建築物の設計を行う。卒業論文は、特定の専門分野での理論的実験的研究論文を作成する。

授業計画

 担当教員の主な指導専門分野および研究テーマは次のとおりである。
・石田教授:各自が設定したテーマによる建築の企画・計画・設計または地域及びまちづくりの空間、施設の設計
・岩田教授:建築鋼構造の構法・強度と靭性・性能評価・設計に関する研究、地球環境建築構造に関する研究
・岩本教授:建築の温熱・空気環境に関する研究
・内田教授・津田助教:建築、とりわけ近代以降の住宅に関する歴史的研究
・荏本教授:地盤の振動、建築物の耐震および都市の防災に関する研究
・奥山教授:建築の空調・換気設備に関する研究
・島崎教授:鉄筋コンクリート構造の安全性能と使用性能、耐震設計法、免震・制震構造に関する研究、新構法の研究
・曽我部教授:建築または都市の空間デザイン
・趙教授:耐震・耐風建築物および構造安全性評価に関する研究
・山家教授:建築・都市のデザイン及び計画に関する研究
・中井教授:建築および都市の空間構成に基づく計画学的研究
・安田教授:音環境を中心とした建築環境に関する研究

授業運営

 自主的かつ積極的な研究姿勢が必要とされる。1年間を通して卒業研究の進捗状況や作業内容等について、定期的に指導教員に確認を受ける。研究成果を設計図書または卒業論文にまとめ、卒業研究発表会で研究内容を発表する。研究内容の概要は建築学科卒業研究・修士論文梗概集に掲載される。

評価方法

 卒業論文・卒業設計の内容、および卒業研究発表会での発表をもとに審査を行い、専任教員全員による卒業研究審査会で合否を判定する。卒業論文・卒業設計の内容においては、テーマと体裁の適切さ、独創性、内容の完成度と正確さについて評価を行う。また、卒業研究発表会での発表においては、発表資料の適切さ、質疑応答の姿勢と内容を対象として評価する。

オフィスアワー

 時間外科目なので、特に指定しない。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.