授業科目

建築デザイン輪講
Seminar  in Architectural Design

担当者

教授   石田 敏明
前 月5
教授   内田 青蔵
前 月5
教授   曽我部 昌史
前 月5
教授   中井 邦夫
前 月5
教授   山家 京子
前 月5
助教   上野 正也
前 月5
助教   須崎 文代
前 月5
助教   吉岡 寛之
前 月5

単位

1

到達目標

建築デザインの基本的事例と理論について講義を理解し、各自がそれについて関連文献事例を作品集や実例を通じて調べ、報告し説明できること。

授業内容

建築デザインをめぐる歴史的課題や現代的課題をテーマとし、担当教員がそれぞれ以下に示す課題を講述し、学習方法を指示する。
建築が人間、社会、自然に与える影響を考察し、建築技術者の責任と役割についても理解を深める。

授業計画

各教員による講述・演習(下記12回)への出席と課題提出、および建築学科連続講演会(3回)への出席とレポートの提出を必須とする(計15回)。
予定されている講述テーマと内容を次に示す(順序や内容、担当は、状況により変更される可能性がある。詳細についてはガイダンスにて指示する)。
1  ガイダンス:輪講の方法と授業計画について
2  建築の保存と再生
   建築の保存・再生事例を紹介しながら、保存再生の方法と意味を論じる。
3  居心地の良いスケールについて
   古来より居心地の良い空間とされる3間四方の「九間」について説明し、即日課題で「九間立体」のデザインを提案する。
4  活動としての建築 
   美術とのかかわりなどを手がかりに、活動としての建築というありかたを具体的に論じる。
5  ふつうの町の「歴史を活かしたまちづくり」
   具体的な状況や手法について学び、各自の理解について報告する。
6  セミナーハウス課題のプレゼンテーションについて
   各自のプレゼンテーションの講評と討論を行う。
7  現代都市を巡る状況
   人口縮小時代の都市計画、住民参加型まちづくりなど、都市の今日的状況を扱う。
8  建築の空間構成
   建築事例を比較検討し,空間構成に基づく建築デザインの可能性について考える。
9  現代構造デザインの事例検討
   ゲスト講演を聞き、各自の理解について報告する。
10 近代建築のデザイン
   具体的な作品や事例について調べ、発表と討論を行う。
11 技術者倫理・建築倫理
   建築技術者に求められる倫理の基本的な事項について学び、各自の理解について報告する。
12 最終レポート作成、提出

授業運営

履修にあたって学科内の申請及び調整は行わないが、2年次終了前に履修に関する説明会が開催されるので、掲示に注意して必ず参加すること。

評価方法

各演習課題提出物の評価、および建築学科連続講演会のレポート評価の集計により、最終評価を行う。

オフィスアワー

輪講全体に関する問合せは、中井まで(中井研究室、月曜18~19時)。
各回の内容に関する問合せは、各担当教員の指示による。

使用書

各回の担当教員の指示による。

参考書

授業の中で指示する。

Copyright© 2017 Kanagawa University. All Rights Reserved.