[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
非営利組織論
Non Profit Organization
 担当者
 Instructor
講師   溝渕 英之  後学期 金曜日1時限/金曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
国際的感性とコミュニケーション能力に裏付けられた体系的専門知識/Systematic expert knowledge backed by international sensibilities and communication capabilities
時代の課題と社会の要請に応えた高度な専門的知識と技能/High-level expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、受講生が①非営利組織や、非営利性・公益性などの基本的概念を学ぶこと、②非営利組織の法人制度について学ぶこと、③様々な分野の事例を知ることで、非営利組織の世界の多様さや分野ごとの傾向を学ぶこと、④非営利組織のマネイジメントの側面を学ぶこと、などを通じて、現代の非営利組織の特徴について理解を深めることにあります。それにより、今後、非営利組織とより良い関わり方をしていくことができるでしょう。

また、経済学部のカリキュラムポリシーに従い、経済学の範疇の中で、非営利組織をとらえます。従って経済学の一般的知識(ミクロ経済学や組織の経済学など)や経済史などを履修しておくことが望ましいでしょう。


 
授業内容
非営利組織(NPO)とは、営利を追求しない組織と定義されます。近年では、政府や地方自治体のような政府セクター、そして株式会社や個人商店のような企業セクターに次ぐ、第3の「非営利セクター」として、非営利組織は大きな社会的な影響力を持つようになってきています。
政府セクターの大事な役割として、福祉、教育、災害防止などの公共的なサービスを提供して、社会全般の利益(公益)を増進するということが挙げられます。公共サービスの提供は、政府の大切な仕事ですが、だからといって政府に任せきりにしてよいものではありません。政府が住民のニーズを適切にとらえきれない場合や、市民が自分たち自身で取り組む方が質の良いサービスを提供できる場合があるからです。
近年非営利セクターが台頭してきた背景には、まちづくり・環境保全・食の安全・障碍者の権利など、様々な分野において、問題意識を持った市民がNPOを作り、政府セクターに先んじて様々な運動や活動を繰り広げてきたということがあります。
本講義ではNPOなどの非営利組織の概要、歴史を知るとともに、非営利思想の意義、現代社会に果たしている重要性を認識し、将来の社会を構築していくうえで非営利組織が果たす役割を考えていきます。
 
授業計画
1. 非営利組織とは何か:「非営利」の意味、シラバス記載事項の確認
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織とは何か」について理解を深めること
2. 非営利組織の法人制度:NPO法人の制度、社団法人、財団法人、社会福祉法人
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の法人制度」について理解を深めること
3. 非営利組織の活動(福祉・医療・教育):地域福祉・介護保険
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の活動」について理解を深めること
4. 非営利組織の活動(環境・地域づくり):環境保全・地域循環型社会・過疎化
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の活動」について理解を深めること
5. 非営利組織の活動(国際交流・国際協力・その他):開発協力・多文化共生
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の活動」について理解を深めること
6. 非営利セクターの規模:日本の非営利セクター・世界の非営利セクター
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利セクターの規模」について理解を深めること
7. 非営利組織の存在理由:経済学から見た非営利組織・組織論から見た非営利組織
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の存在理由」について理解を深めること
8. 非営利組織との協働:企業の社会貢献・行政とのパートナーシップ
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織との協働」について理解を深めること
9. 非営利組織のマネイジメント:方向性・強み・マーケティング
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織のマネイジメント」について理解を深めること
10. 非営利組織の組織運営:リーダー・職員・ボランティア
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の組織運営」について理解を深めること
11. 非営利組織の支援:民間による支援・寄付・税制
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の支援」について理解を深めること
12. 社会的企業の台頭:社会的起業家・ソーシャル イノベーション
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「社会的企業」について理解を深めること
13. CSR(企業の社会的責任): 社会的責任・ISO・SDGs
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「CSR」について理解を深めること
14. 非営利組織の未来:市民社会
【予習】事前配布資料を読んでおくこと【復習】講義レジュメ及びノートをよく読んで「非営利組織の未来」について理解を深めること

 
授業運営
授業は、オンライン型授業(ZOOM)で行います。
 
評価方法
(1) 平常点60%(毎回リアクション・ペーパーを提出)、レポート40%という割合で評価します。
(2) 評価方法については、授業中にも説明しますので、必ず確認してください。

 
オフィスアワー
質問・相談などはメールで受け付けます(hideyuki.mizobuchi@gmail.com)。
 

参考書
雨森孝悦『テキストブック NPO 第2版』[東洋経済新報社]2012年
澤村明・田中敬文・黒田かをり・西出優子『はじめてのNPO論』[有斐閣]2017
谷本寛治『企業と社会』[中央経済社]2020

 
 
 
[前へ戻る]