[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
公共経済学
Public Economics 
 担当者
 Instructor
講師   斎藤 英明  後学期 金曜日1時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、受講生が政府の経済活動はどのようなものか、また、政府の経済活動が企業、家計、市場へどのような影響を与えるのかについての理論的背景を学ぶことを目標とする。その中で、本講義では、自然独占、租税理論、公債について取り扱う。




 
授業内容
本講義は、公共経済学Iからの継続科目で、公共経済学の基本的理論分析を学ぶ。本講義を理解するためには、ミクロ経済学の知識が必要である。




 
授業計画
【12回+課題2回分に相当する課題研究等の授業計画】
01.ガイダンス(10月2日)
 ・後期の授業では何を学ぶのかを説明します.
 【予習】シラバスを熟読しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】履修するうえでの留意点を確認し,心構えをしましょう.(3時間)
02.私たちが公共財供給量を決めることはできるのだろうか.(10月9日)
 ・コンドルセ・ウィナー.
 【予習】多数決の種類を整理しておきましょう. (1.5時間)
 【復習】コンドルセ・ウィナーの意味を調べておきましょう.(3時間)
03.民主的に物事を決めることが難しいことを知りましょう.(10月16日)
 ・中位投票者定理.不可能性定理.
 【予習】アローの不可能性定理を調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】デュベルジェの法則による現実への影響を復習しておきましょう.(3時間)
04.代表者を選ぶ方法について知りましょう.(10月23日)
 ・選挙制度
 【予習】日本の選挙制度について調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】日本の選挙制度の問題点を整理しておきましょう.(3時間)
05.政府に何が影響を与えるかを知りましょう.(10月30日)
 ・プリンシパル・エージェント理論.レントシーキング.
 【予習】政治家,官僚の目的を調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】レントシーキングの弊害を整理しておきましょう.(3時間)
06.政府同士の影響を観察しましょう.(11月6日)
 ・租税競争,租税輸出.ヤードスティック競争
 【予習】租税競争とは何か,調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】租税競争,租税輸出が発生した場合の悪影響を説明できるようにしておきましょう.(3時間)
07.補助金政策による影響を観察しましょう.(11月13日)
 ・国庫支出金
 【予習】国庫支出金の種類を調べてみましょう.(1.5時間)
 【復習】地方交付税と国庫支出金の違いを整理しておきましょう.(3時間)
08.政府が価格決定をする理由を知りましょう.(11月20日)
 ・独占市場.公共料金.
 【予習】独占市場とは何か調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】政府による市場介入のメリットを整理しておきましょう.(3時間)
09.政府の債務について知りましょう.(11月27日)
 ・公債発行,弊害.プライマリー・バランス.
 【予習】日本の公債残高を調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】公債発行の弊害を整理しておきましょう.(3時間)
10.債務残高は財政上問題があるのか否かを考えてみましょう.(12月4日)
 ・公債の中立命題
 【予習】中立命題を調べておきましょう.(1.5時間)
 【復習】中立命題の現実的妥当性を考えてみましょう.(3時間)
11.地域活性化の方法を考えてみましょう.(12月11日)
 ・経済成長理論
 【予習】日本の将来人口推計を調べてみましょう.(1.5時間)
 【復習】経済成長を促す方法を考えてみましょう.(3時間)
12.後期授業を振り返り,復習しましょう.(12月18日)
 ・第2回~第14回の復習.
 【予習】後期の授業で何を学んだか改めて総復習しておきましょう.(1.5時間)
 【復習】それぞれの授業を振り返り,試験に備えましょう.(3時間)

【課題1(小テスト配信)】意思決定方法について(第6回授業後に配信)
【予習】講義資料(事前配布)をよく読んでおくこと.
【復習】講義資料および授業をよく聞き、再度解き直しておくこと.

【課題2(小テスト配信)】まとめ:授業内容の復習(第11回授業後に配信)
【予習】講義資料(事前配布)をよく読んでおくこと.
【復習】第12回の授業を聞き,再度解き直しておくこと.

※途中,2回の課題(小テスト)を予定しています.
 
授業運営
(1)授業は、オンタイム型授業(ZOOM)で行います.
(2)基本的には講義形式によって進めていきます。授業運営の詳細については、初回の講義にて改めて説明します。
(3)授業時に使用する資料は前日までにMicrosoft Teamsにアップするので、各自ダウンロードしてください。

 
評価方法
(1)定期試験70%と授業内評価(リアクションペーパー)30%によって評価します。
(2)評価方法については、授業中にも説明しますので、必ず確認してください。
 
オフィスアワー
質問・相談などはリアクションペーパーやTeamsへの投稿、メール(pt121370rg@jindai.jp)で受け付けます。
 
使用書
使用する教材を「Microsoft Teams」にアップします。
参考書
講義中に適宜紹介します。
 
 
 
[前へ戻る]