[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
社会保障論
Social Security
 担当者
 Instructor
講師   青木 千帆子  後学期 月曜日1時限/月曜日2時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
本講義の到達目標は、
・社会保障に関する基本的事項を理解し適切に説明することができる。
・社会保障に関する情報を収集し、その特徴を考察し説明することができる。
・目の前の課題と、社会的な課題との関わりについて考察することができる。
ことにある。(到達目標をご記入ください)


 
授業内容
 社会保障の仕組みはめまぐるしく変化し続けています。それは、社会保障が、それを支える社会一般の承認を必要とするものだからです。間接的ではありますが、その承認をするのは皆さんです。この授業では、社会保障の基本的な仕組みについて学ぶとともに、背後にある日本社会や国際組織における議論について学びます。


【アクティブ・ラーニングについて】---------------------------------------------------
 本授業は、アクティブ・ラーニング(グループワーク)を取り入れている授業である。


【実務経験のある教員による授業科目】---------------------------------------------------
 行政機関、社会福祉法人、民間の福祉系シンクタンクに勤務した経験をもとに、社会で起きている問題に関する多層的な現実の存在を伝え、理解が深められるよう授業を展開する。

 
授業計画
 各回の講義内容は以下のように予定しているが、時間の都合や進捗状況により内容が若干前後する場合もある。2回目の授業以後、課題を提示する。予習として、提示した課題に関連する新聞記事・ニュース・資料等を検索してくること。講義の縮刷版パワーポイントのPDFも同様に提示するので、関連資料と併せて講義後の復習として学ぶことを勧める。

1 ガイダンス
2 生活保護(1)
3 生活保護(2)
4 介護(1)
5 介護(2)
6 障害者施策(1)
7 障害者施策(2)
8 児童福祉と子育て支援(1)
9 児童福祉と子育て支援(2)
10 権利擁護(1)
11 権利擁護(2)
12 社会保障と行政
13 社会保障と財政
14 後期のまとめ
※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として、12回で実施します。

 授業はzoomを用いて行います。開講時間になりましたら、事前にMicrosoft Teamsに掲載するzoomアクセスナンバー(URL)クリックして授業に参加してください。
 受講に際して、以下の準備が必要になります。
【事前準備物】
・各自のパソコン、タブレット、スマートフォンからアクセスすることになります。ブラウザであればサインアップなしで無料でご利用いただけますが、タブレット、スマートフォンからアクセスする場合は、アプリのインストールが必要になります。
・できれば、ヘッドセットかマイク機能付きイヤホンをご準備下さい。
・一度の授業で300MBほど通信量を消費するようです。ご自身のネットワーク環境ではアクセスが難しい場合、教員及び教務課までご相談ください。
・授業は指定した教科書に沿って進めます。通信障害が発生する可能性もありますので、教科書は必ずお手元にご準備下さい。

 
授業運営
授業は講義形式を中心とする。各自が持ち寄る新聞記事・ニュース・資料等をふまえたグループワークも行う。講義運営の詳細については初回のガイダンス時に説明する。講義はパワーポイントを使用し、縮刷版のPDFと関連資料をMicrosoft Teamsに掲載する。講義中に不明な用語があった場合、復習として講義後に確認を行うこと。

 
評価方法
学期末のレポート(40%)と授業中の提出物・小テスト(60%)で評価する。


 
オフィスアワー
授業中はzoomにおけるチャット、授業時間外はメール(pt121653ks@jindai.jp)にて質問を受け付ける。
 
使用書
西村淳編著『入門テキスト 社会保障の基礎』[東洋経済新報社]2016
ISBN:9784492701430
参考書
適宜指示します。
 
 
 
[前へ戻る]