[前へ戻る]
   

 授業科目
 Course Title
経済地理
Economic Geography 
 担当者
 Instructor
講師   山本 匡毅  後学期 火曜日4時限/火曜日5時限
 単 位
 Credit
2

関連するディプロマポリシー Related Diploma Policy
自立した良識ある市民としての判断力と実践力/Judgment and practical ability as an independent citizen of sound sense
時代の課題と社会の要請に応えた専門的知識と技能/Expert knowledge and skills to address the issues of the age and the demands of society
 
到達目標
 本講義の到達目標は、受講生が①産業経済が生み出す立地変化の仕組みを把握し、②産業活動によって生み出される空間的格差や問題の発生メカニズムについて具体的事例を通じて理解し、③産業構造の空間的帰結である産業立地に関わる政策課題を知ること、等々を通じて経済地理の基本的視座を身につけるようにする。
 また経済学部のカリキュラム・ポリシーに従い、本講義は経済学の応用科目の基礎となることから、2年次以降に都市経済論、社会政策、産業組織論、中小企業論などを履修する学生は、本科目を先に履修することが望ましい。


 
授業内容
 経済地理(学)は、グローバル経済(資本主義)が形作る地域の構造を踏まえ、空間に生じる地域的諸問題のメカニズムを解明することを研究してきた。その中でも産業立地は、常に経済地理(学)の中心的課題であった。産業活動のグローバル化に伴い、産業立地は一国経済では把握できなくなった。本講義では、グローバル産業の典型例である航空機産業や自動車産業を事例としながら、産業の構造、組織、取引、支援、政策、海外移転を踏まえた立地の変化について、産業経済の地理学の観点から検討する。本科目は経済学部の専門科目であるが、1年次配当であることから、経済学の予備知識は求めない。


【実務経験のある教員による授業科目】--------------------------------------------------- 
 省庁系の研究所(シンクタンク)での研究員としての経験から、専門分野における分析・研究で蓄積された知見を含めて、産業経済に関わる地理学について講義する。
 
授業計画
 産業経済の地理学に関するテーマについて、以下のように進める予定である。講義では特にテキストを使用しないが、授業内では資料を配布し、必要に応じて最新の新聞記事などを取り上げ、提示する。予習として、各回の講義に授業テーマに関する新聞記事やネット資料を読んでくることを前提とするので、積極的に取り組むこと。また、復習として、講義内容について、講義終了後にノートを整理し、分からない点をインターネットや文献で調べ、授業で提示された参考文献を読むことを通じ、理解を深めること。なお、予習・復習を合わせて各回につき約4時間の自己学習が想定している。なお進捗状況により内容は前後することがある。

1.ガイダンス/産業経済の地理学の位置づけ 産業経済と地理学の関係を理解する。
【予習】日本の製造業がどのようになっているか、新聞記事を調べ、現状を把握する。
2.産業の捉え方 産業とはどのようなものかを理解する。 
【予習】産業の定義について、日刊工業新聞、日本経済新聞から興味ある記事を読み、把握する。
3.産業の歴史と産業立地 産業発展と産業立地の関係を理解する。
【予習】日本の近代化の中で工場がどこに出来たのか、高校地理や高校日本史の教科書で把握する。
4.産業立地と産業集積 産業集積が発生する要因について理解する。
【予習】工場が集まっている地域を地図帳で確認し、その地域の状況を把握する。
5.産業の構造と産業立地 グローバルな産業の構造と産業立地の関係を理解する。
【予習】日本企業の海外工場がどこにあるかを調べ,産業の構造と産業立地の関係を把握する。
6.産業の組織と産業立地 産業における寡占・独占と立地の関係を理解する。
【予習】航空機産業や自動車産業と工場立地の関係を把握する。
7.産業のサプライチェーンと産業立地 産業のサプライチェーンが産業立地へ及ぼす影響を理解する。
【予習】新型コロナウイルス感染症の拡大で,サプライチェーンにどのように影響したのか把握する。
8.産業の取引連関と産業立地 産業の取引関係によって産業立地が決定されることを理解する。
【予習】航空機産業を事例として,産業の取引連関と産業立地の関係を把握する。
9.産業立地の展開(1) 大企業の立地展開について理解する。
【予習】自動車産業の立地展開の状況を把握する。
10.産業立地の展開(2) 中小企業の立地展開について理解する。
【予習】中小企業の立地展開の状況を把握する。
11.産業の海外移転と産業立地 生産の海外移転による産業空洞化の要因を理解する。
【予習】製造業の海外移転の背景を把握する。
12.産業の海外取引と産業立地 地域産業の立地において海外企業との取引が重要な役割を果たすことを理解する。
【予習】航空機産業を事例として,海外取引の状況を把握する。
13.産業立地と自治体 産業立地の促進と自治体による地域産業政策の関係を理解する。
【予習】自治体における地域産業政策の状況を把握する。
14.産業立地と中小企業 産業立地の促進の手段としての地域産業政策による中小企業へ及ぼす影響を理解する。
【予習】地域産業政策と中小企業の関係を把握する。

※授業計画は全14回の内容を担保することを前提として,12回で実施します。
 授業計画の詳細等に関しては第1回目の授業の際に説明します。
 
授業運営
(1)授業はオンデマンド型で行います。
(2)Microsoft Teamsを用いてスライド付きの解説動画を提供し,内容理解の確認や質疑応答を行います。  

 
評価方法
(1)小テスト(12回)60%,レポート(期末レポート)40%という割合で評価します。 
(2)評価方法については,授業中にも説明しますので,必ず確認してください。
※小テストはMicrosoft Teamsを用いて行います。
 
オフィスアワー
質問・相談などはメールで受け付けます
pt121655cc[at]jindai.jp 

 

参考書
①鈴木洋太郎『国際産業立地論への招待』[新評論]2018
②山崎朗『地域産業のイノベーションシステム』[学芸出版社]2019
③閑林享平『アヴィエーション・インダストリー』[文眞堂]2020

 
 
 
[前へ戻る]